FC2ブログ

「芸術の反転」と「社会の反転」



私には「現在の芸術」が、「芸術の本質的な姿」を見失って「反転」してしまっているように見えるわけです。
そして、その「芸術の反転」が「社会の反転」を生み出しているようにも思うわけなんですねぇ。

まぁ、「芸術の20世紀」において「芸術」が「反芸術的な方向性」を持っていた時期があったことは、多くの人が認めるところでしょうし、その「反芸術的な方向性」が、形を変えてはいても、今も続いていると言う考え方の人も居るでしょうから、「芸術の反転」ということまでだったら、同意してくれる人もそれなりに居るんだと思います。 

しかし、その「芸術の反転」が「芸術の本質的な姿」を見失った結果のことだということに成ると、かなり賛同者が少なく成ってしまうでしょうね。
なんたって、現在に至るまでの「現代美術」というジャンル全体を疑ってかからなければならなくなりますからねぇ。
まして、その上、その「芸術の反転」が「社会の反転」という現象を生み出しているということに成ると、恐らくほとんど賛同者は居なくなってしまうでしょうね。


なぜかと言えば、そんなことエライ人が言っていないからです。
まぁ、実際問題として、「エライ人が言っていないこと」に同意する人ってほとんど居ません。
「エライ人が言っていること」を批判する人は、けっこうたくさん居ると思うんですけどねぇ。

でも、「エライ人が言っていないこと」については同意しないし、「エライ人が言っていること」については批判するとなると、いったい「誰の言っていること」について同意するんでしょうねぇ。

要するに、そういう人たちは「他のエライ人が言っていること」に同意するわけです。
つまり、けっきょくみんな「エライ人の言っていること」に同意するって言うことなんですねぇ。

まぁ、「体制側」って言うことですね。
(別に「体制側」を否定しているわけではありません)
そういう人は、なんたって「体制側」ですから、やっぱり人数的にすごくたくさん居らっしゃるわけです。
それで、「エライ人が言っていないこと」に同意する人が、千人に一人くらい(オーバーじゃなくて)居たとしても、まぁ「ゴミ」です。

「ゴミ」なんて言ったら失礼なんですけどね。
(あぁ、自分か)

(別に「ゴミ」を否定しているわけではありません)
(いや、「ゴミ」をスゴク肯定しているわけでもありません)

まぁ、それくらいに『影響力が小さい』ってことです。


でも、だからこそ、「芸術」に関わっている人がそういうことをやる必要ってあると思いますよ、やっぱり。

そうでも無いですか?
又は、
どうでもいいですか?
又は、
なんで自分が?
又は、
別にプロじゃないし。
又は、
プロはそんな青臭いことは言わないんだよ!
又は、
よくわかんないんでぇ・・・

どれでも、おんなじだと思いますよ。
「体制側」にくっついていく人は「自己表現」は出来なくなると思いますね。
(別に「体制側にくっついていく人」を否定しているわけでもありません)
たとえ、それでメシが食えたとしても、そこに「芸術である意味」も「表現する意味」もなくなってしまうわけですからね。

もちろん、そう言う人が居てもいいと思いますが、そう言う人ばっかりってっていうのはどんなもんなんだろうか?と思ってしまいますねぇ。



取り敢えず、そういうわけで、「芸術の反転」と「社会の反転」について考えてみるというわけです。


まず、今の「社会」が反転しているということを感じている人ってどのくらいいるんでしょうね。
私はチョクチョクこの「社会の反転」という現象を感じることがあるんですけど、そう言うことを感じている人もそれなりに居るんじゃないでしょうか?

つまり、「正常と異常」とか「普通と特別」とかいうような両極にあるモノが、反転して入れ替わってしまっているんじゃないか?と感じることがけっこうあるわけなんです。

たとえば、「正常と異常」ですけど、いま「社会のトップ」に立っているような人の中に『この人異常だよね』というような人がかなりの数で居たりしますよね。
昔ならば、「社会のトップに立っている人たち」が「ワルイこと」をすることはあっても、「異常者?」と感じることは稀だったと思います。
でも、今はけっこう普通に居たりします。
それもかなりの「異常度」で。

どちらかと言えば、『たまたま、やや異常な方がトップに立ってしまった』というよりも、『異常なくらいじゃないとトップには成れない』という感じです。
つまり、最も社会を代表する人であるはずの「社会のトップに立っている人」こそが「異常な人」で、「社会のトップに立っている人」の中で「正常な人」を探そうとすると、むしろ意外なほど少ないというのが実体だと思うわけです。
(いつの間にこんなことに成っちゃったんでしょうね?)

要するに、そこで「社会の反転」が起きていて、「正常と異常」が逆転してしまっているわけです。
まぁ、今のところ、まだ、「異常」を「異常」と感じられているだけマシですが、この状況が続いて行けば、おそらく「異常」を「異常」と感じること自体が出来なくなって、むしろ「正常」の方を「異常」と感じて「異常」の方を「正常」と感じるように成っていくと思います。
(いや、ぜんぜん大袈裟じゃなくて!)
(というか、もうすでにそうなりつつある人もけっこう居ると思いますよ)

これは、何も「正常と異常」だけのことではなくて、いろいろなことに同じような「反転現象」が起きていると思うわけです。
「普通と特別」とか「男性と女性」とか「老人と若者」とか「大人と子供」とか、そういうありとあらゆるモノが社会の中で反転していて、非常に無理のある状態を創り出していることがしばしばあると思います。

そして、その「社会の反転現象」が「芸術の反転」に起因していると思うわけです。

でも、ここがなかなかつながらないんですねぇ。
『なんで、そこで唐突に芸術が出て来るの?』って言うことですよね?
まぁ、そうだと思います。

『芸術にそこまでの影響力は無いでしょう?』
『むしろ芸術の方が社会の影響で反芸術的な方向性を持つように成ったんじゃないの?』
みたいなことだと思います。

確かに、そういう部分もあるんでしょうが、「芸術」の潜在的な影響力は計り知れないものがあると思いますし、先に反転したのは「社会」の方ですが、先に”極端に”反転したのは「芸術」だったのは間違いないでしょう。

そして、「社会全体」がその「極端な反転」にハマり込んでしまっているわけです。
それで、「芸術」も「社会」も、その「極端な反転」から抜け出せなくなっているのが今の状態ですね。

Tシャツの表と裏をひっくり返して着てしまったようなものです。
一回脱いで、もう一度ひっくり返して着なおすしかありません。
でも、裏っ返しのまま100年も着続けてきてしまいました。
それで、「社会」にも影響が出てきてしまっているわけです。


確かに、先に反転したのは「社会」だったと思います。
19世紀あたりから、科学の進歩や絶対的な宗教観の崩壊などに端を発して、産業や社会の急激な変化がさらに加わったことによって「社会」の中に「反転現象」が発生していたのは、ほぼ間違いないことだと思います。

ただ、「社会の変化」は急激だったと思いますが、その反転現象は、その時点ではそれほど極端なモノではなく、今と比べればかなり緩やかなモノだったんじゃないかと思うわけです。
そのまま行っていれば、おそらく人間はその「緩やかな反転」をそれなりに吸収して、調整しながらその時代なりの人間に合わせたやり方で使いこなしていけるように成っていたんじゃないかと思うわけです。

 ※「社会の反転」は、もともと、昔から、いつの時代にも常に起きていたことで、
  「20世紀」だけの特別な現象ではないと思います。
  ただ、数世代にわたって、徐々にネジレながら反転していって、最終的にほぼ
  反転するが、その時点でその世代を生きている人にとって、それはあくまで数
  世代前からの緩やかな変化にすぎず、その世代の中で起きた急激な反転とは
  言えないというのが、それまでの時代における「反転現象」だったんじゃないで
  しょうか?
  つまり、「20世紀」において、「社会」や「芸術」が一世代の中で完全にひっくり
  返ってしまったことが異常なんだと思います。
  しかも、「芸術」においては、その「反転」自体が目的となってしまっていたわけ
  で、結果的に、果てしなく「反転」を繰り返すというジレンマに陥ってしまったとい
  うことなんじゃないでしょうか?
  その結果、「現在の芸術」が「自己崩壊」の道をたどっているように思うのは私
  だけなんでしょうか?


ところが、その前に「芸術の反転」が起きてしまったために、それによって「社会の反転」も極端なモノに成り、人間が吸収する時間も調整するゆとりもなくなってしまったというわけです。


どうして「芸術の反転」が「社会の反転」の原因だと思うのかと言えば、そんなに極端なことをやったのは「芸術」だけだからです。
そして、そんなに極端なことをやっても通ってしまうのも「芸術」だけだからですね。
他の分野で「芸術」がやったのと同じように極端なことをやったとしたら、みんな笑いものにするだけで誰も見向きもしなかったでしょう。


実際は、「芸術」でも初めのうちは、笑いものにされていたようなところもあったわけですが、それがいつの間にか見事に市民権を得て、100年間かけてまかり通っていく様子をマザマザと見せつけられた「社会」が、その「芸術の反転」のあまりの「極端さ」とあまりの「手品のように鮮やかな反転ぶり」に引きずり込まれて「社会の反転現象」を引き起こすに至ったのだと思うわけです。

つまり、「芸術の反転」を「社会」が肯定してしまったために、一旦、それを肯定してしまった後は、「社会」はその「自分たちの肯定」を肯定し続けるために、自分たちも「反転」せざるを得なくなってしまったわけですね。


でも、もうそろそろ、その「反転」を戻す時期なんじゃないかと思います。
つまり、裏っ返しに来ていたTシャツをもう一度ひっくり返して着なおす時が来ていると思うわけですね。
おそらく、着なおしたら、如何に今まで無理して着ていたかがわかると思いますよ。

「過激な芸術」があってもいいと思いますが、それが「過激な芸術」であるということを見失っては意味が無いと思います。
まして、「過激=当たり前」であったら「過激」である意味もなくなってしまいます。

 ※現在「アヴァンギャルドなモノ」は、ある意味「最も一般的なモノ」でもあると思います。
  それを超えようとするから「奇をてらったモノ」しか出て来られなくなるんだと思います。
  でも、それに薄々感づいている人も、それを否定できずに「奇をてらったモノ」を見る
  たびに『これ、オモシロイね!』と言い続けています。
  なぜなら、そこに疑問を呈した人は「芸術の世界」から、外れていくことに成るわけです
  から。

そういうのを「自由」と言っているのは間違いだと思いますよ。
「自由」に成ればなるほど人間が拘束されたり抑圧されたりするのはオカシイでしょ?
「自由と不自由の反転」なんていらないですね。

そんなものを「芸術」が生み出してしまっては「芸術」である意味が無いでしょ?


そんな風に思うわけなのです。





関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR