FC2ブログ

「コンポジション」は「多重化」によって、さらに有効になる




「芸術」において、「コンポジション」という言葉は「構成」とか「構図」などと訳されますが、要するに「ナニカとナニカを組み合わせること」を「コンポジション」と言っているんだと思うわけです。


主に「絵」についていえば、それは「構図」と訳されることが多いわけですが、「色と色の組み合わせ」や「線による表現と面による表現の組み合わせ」など、単に「構図」とは言い切れない意味も含まれていると思います。

いずれにしても、この「コンポジション」は「絵」においては、全体のイメージを決定づける重要なものなんだと思います。

そして、その重要な要素である「コンポジション」を、「多重化」と結びつけることによって、さらに「有効性」を高めることができるんじゃないかと思っているわけなんですねぇ。

いろいろな話にしてしまうと、ややこしくなってしまいそうなので、一応、ここでは「絵」に限定した話とします。


「絵」における「コンポジション」は「構図」と訳されていることが多いようですが、「構図」は間違いなく「絵」の全体像を決定づける大事なものだと思います。

ただ、現在において「構図」というものは、もう出尽くしてしまっているということがあるわけです。
ありとあらゆる人が、数百年にわたって、ありとあらゆる「構図」を考案し続けてきて今日に至っているわけですから、当然、「新しい構図」に残された領域が極めて少なくなっているわけです。

それは、なにも「構図」だけに限ったことでもなくて、「芸術表現全般」において言えることではあると思いますけど、なにせ「構図」は、先述のように「絵の全体像を決定してしまうような重要な要素」であるわけですから、その「構図」が似ていると、どうしても同じようなものに見えてしまうわけで、創作者の「そのヒト性」が見えにくくなってしまうわけなのです。


特に「抽象画」においては、『構図で決まってしまう』という性質が強くなると思いますね。
「抽象画」は、基本的に、ナニが描いてあるのかは伝わらないことが多いので、「ディテール」の部分で勝負するのは難しくなるわけです。
「ナニかわからないもの」の「ディテール=詳細な部分」では、やはり表現できるものが限られてしまいますよね。
(「抽象」は「ナニでもないものを創り出すこと」だと思いますので)

そうなると、どうしても、「全体像」で勝負することに成るわけです。
それで、「構図」の影響が大きくなるんだと思います。


少なくとも、「絵」を「平面」と考えるなら、基本的に「四角い(丸でも)平面」の中に、取ることができる「構図」というのは、ある程度限られてくるわけで、それはもう出尽くしてしまっているといってもいいんじゃないでしょうか?

そんな中で、「絵」に自分なりの「独自性」を見つけ出そうとすることが、かなり難しいわけです。

こう言ったことから、「現在形の美術」においては、「平面を離れた創作」へ向かう傾向があるのは確かなことだと思うわけです。
そういう方向性自体が間違っているとは思いませんが、そこに、やや安直な傾向があるのも否定はできないような気がするわけです。

確かに、古くからある「絵画」とか「彫刻」とかといった「既存の表現形態」を離れることには、ある種の解放感を感じることでもありますし、ある種の可能性も、そこにあるとは思いますが、それは『なんとなく、こっちのほうがオモシロそうだから』ということではないと思います。

今後、このような方向性がますます強調されていき、「平面」という意味での「絵」というジャンルが、「芸術の領域」の中で徐々に小さなジャンルになっていってしまうと、「芸術の広さ」は限りなく広がっていくのかもしれませんが、「芸術の深さ」は限りなく浅くなってしまうんじゃないかと思うわけです。
つまり、密度が薄くなっていってしまうような気がするわけですね。

とは言え、前述のように「構図」には限界がきているわけです。

そうなると、「コンポジション」を重視しつつ「構図」には頼れないという厳しい状況になるわけで、そこをなんとかしないと「芸術の密度」を取り戻すことは難しいということになってくるわけですねぇ。

さて、そこで、使えるのが「芸術の多重化」という発想だと思うわけです。
(まぁ、『私はそんなことをやってます』という話ですけどね)

「構図」というものを、「一様な平面における構図」と考えれば、その一つ一つの「平面」を重ね合わせて「多重化」すれば、「構図」と「構図」による「構成」、つまり、複数の「多重化」した「構図」どうしの「コンポジション」が可能になるわけですね。
つまり、「一様な平面」の中で、新しい領域がなくなってしまった「構図」に、「複数の平面」を重ね合わせていくことで、新たな「コンポジションの領域」が生み出せるんじゃないか?ということです。

といっても、簡単ではないですが、少なくとも、そこに新しい「空き領域」があることだけは間違いないと思います。

もちろん、こんなことを言っていても、自分が「多重化」をうまく使いこなせているのか?というと、まったくそんなことはなく、雲をつかむような作業を繰り返しているだけなんですが、それでも、そこに「空き領域」があることだけは見えてきています。
そのことで、とりあえず向かうべき方向があるわけですね。
「空き領域」だけは見えていますから、そうそう見失うこともありません。

それから、この「空き領域」は、現在に至って、はじめて「芸術に与えられた領域」なんじゃないかと思っています。
要するに、「抽象表現」というものが、ようやく人の意識の中に、抵抗ないものとして定着して来たことによって、この「空き領域」ができてきたと思うわけです。
(ある意味で、「抽象」が飽きられたことで「空き領域」が出来てきたと言ってもいいかもしれませんね)

つまり、「コンポジション」における「多重化」を考えるとき、「具象表現」ではむずかしいと思うんですね。
(これは「芸術の多重化」全般においても言えることだと思います)

と、ここで、話が長くなりそうなので、次の記事につなげます。




関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR