FC2ブログ

「美しさのモト」



「美しさ」というモノがあるとするならば、その「美しさのモト」に成っているのは、何なんだろうか?と思うわけです。
まぁ、そんなことに答えなんてあるわけではないんでしょうが、それでも、一応は考えないと収まりがつかないということですね。


そういうわけで、いつもそんなことを考えているんですが、私自身にとっての「美しさのモト」とは、「本質に向かうエネルギー」だと思っているわけです。


ありとあらゆるモノには、そのモノの最も根源的な性質である「本質」があると思うわけです。
そして、どんなモノでも、一番根源的な姿が一番美しいんじゃないだろうか?と思っているわけです。
(『自分がそういうことにしている』といった方がいいのかもしれませんけど)

そういうことで、その「本質」を表すことが出来れば「美しさ」を表現できるんじゃないだろうかと思うわけですね。


ところが、「本質」を直接表そうとすると、まったく何をすればいいのかわからなくなってしまいます。
おそらく、「本質」は根源的過ぎるし、純粋過ぎるし、普遍的過ぎるので、人間の表現力を超えているんだと思います。

そこで、何とか「そこへ向かうエネルギー」だけでも表せないだろうかと思っているというわけです。


どんなものにも、必ず「本質」はあると思いますので、そこには「本質に向かうエネルギー」も必ずあるんだと思います。

そして、私の場合、「本質に向かうエネルギー」は「ブラック・ホール」のような感じでイメージしていることが多いんですね。
つまり、中心に向かってあらゆるものが吸い込まれて行ってしまうようなイメージです。
渦を巻きながら、中心の一点に向かって集約されていくというような感じです。

そういうイメージがあると、その「中心に向かうエネルギー」を乱すようなものは、「美しさ」を妨げるように見えてきますし、「中心に向かうエネルギー」をさらに増すようなものは「美しさ」も増幅するように見えてくるわけです。

そういう感じでやっているわけなんですが、なぜか出来上がってくる絵は『美しい?これが?』というようなものに成ってしまうわけで、そこのところの原因は何なんだろうか?と考えるわけなんですが、それは、おそらく「描いているモノの本質」ではなく、「描いている者の本質」によるところが大きいんじゃないだろうか?と思うわけです。

要するに、描いている「自分の本質」が、「そんな感じ」なんだと思います。
でも、それもまた、「本質」であることには違いないわけですから、『それも、きっと美しい!』・・・たぶん。


という風に思うようにしています。




関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR