FC2ブログ

「自分を表現すること」と「自分の好きなことを表現すること」のチガイ



「現在の芸術」において、もっとも多くの人が中心に近いものと考えているのは、おそらく「自己表現」だと思います。
でも、その「自己表現」という言葉には、あまりはっきりした規定がないような気がするわけです。


たとえば、自分の姿や顔を絵にすれば、それは「自己表現」と言えるでしょうか?
たとえば、自分の好きな作家と同じようなスタイルで創作すれば、それは「自己表現」と言えるでしょうか?
たとえば、自分が美しいと思うモノをそのまま表せば、それは「自己表現」と言えるでしょうか?

これらは、確かに、「自己表現」ではあると思います。
しかし、「現在の芸術」における「自己表現」と言えるのか?と聞かれた場合には、即答できなくなりそうな気がします。

つまり、これらは、いづれも「表面的な自己」を表してはいても、「本質的な自己」を表していないところがあるわけです。

おそらく、「現在の芸術」における「自己表現」とは、「本質的な自己を表現すること」であって、「表面的な自己を表現すること」ではないでしょう。

そして、その「本質的な自己」とは、どのようなものかと言えば、つまるところ「自分が嫌いな自分」や「自分が認めたくない自分」のような「自分が好きではないもの」を含めた「丸ごとの自分」であるのだと思うわけです。

要するに、「表面的な自己」とは「自分が好きな自分」に限って「自己」と言っているような感じがしてくるわけですね。

 ※「嫌になるくらい好きなもの」とか「どうにも逃れられないほど好きなもの」
  というところまで行くと「本質的な自己」に入ると思います。

もちろん、「本質的な自己」には「自分が好きなもの」も含まれているわけですから、「嫌なもの」ばかりでもないわけで、「嫌いなもの」だけでも「自己表現」とは言えないと思いますが、やっぱり人間ですから、どうしても自分の「好きなもの」については表現しやすいわけですが、「嫌なもの」と成るとなかなか表現しにくいわけで、当然、「嫌いな自分」を表現した作品の方が少なくなるわけですし、「好きなもの」と「嫌いなもの」の両方を表している作品となると、さらに少なくなるんだと思います。

つまり、「現在の芸術」における「自己表現」とは、自分がそこから逃げたくても逃げられないような「性(さが)」のようなものを表現することなんだと思うわけです。
そして、そこには「自分の好きな自分」も「自分の嫌いな自分」も含まれてしまうということなんだと思います。
(これは、本人の考えとはほぼ無関係に含まれているものだと思います)

だから、「そこから逃げたくならないようなもの」では、少し足りないような気がするんだと思います。


「好きなもの」や「センスがいいといわれているもの」や「誰もが美しいと思うようなもの」だけでは、「自己の本質」を表現することはできないような気がしますね。
それらは、決して「逃げたくなるようなもの」ではないですからね。

いくら、『自分が好きなんだから~』と言っても、無駄だと思います。
その位置に「現在の芸術」がないわけですから、無理だということです。

『「美しさ」を使ってはいけない』とは思いません。
『「センス」は捨てなければいけない』という話でもありません。
『「自分が好きなもの」を表現するのなんて「自己表現」じゃないよ!』と言うつもりもありません。

だた、それだけでは、足りないと思うわけです。
たぶん足りないと思います。

どんな人にも、必ず「自分が認めたくない自分」がいるはずです。
そこだけは「パス」して、「自分の中の都合がいいところ」だけを表現していれば、それを「本質的な自己表現」であるとは言えなくなってしまうわけですね。


これを言うと、「芸術」から「楽しさ」を奪ってしまうような気もするんですが、私は「楽しさ」は「芸術の本質」とは少し違うものだと思っていますから、そこのところは、ある程度諦めるしかないと思っているわけです。

「楽しさ」を第一目的にするということは、「娯楽」を目指すということです。
「娯楽」はほかのものでも得られると思いますが、「本質的な自己表現」ができるものは限られています。
もしかしたら、「芸術」しか無いかもしれません。

だから、できれば、『楽しさを二の次にする』という、この「面白みのなさそうな発想」を大切にしていたいと思ってしまうというわけです。


そんなわけで、「自分が嫌な自分」を表現しようと思いますし、「自分が好きなこと」は「嫌になるくらい好き」に成ってから表現しようと思いますし、「みんなが好きなもの」は出来るだけ表現しないようにして行きたいなと。


そんな風に思っているわけです。



関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR