FC2ブログ

才能にも「質」と「量」がある



芸術やスポーツなどの話となると、どうしても「才能」ということが出て来るわけです。
つまり、どうしても「才能がある人」と「才能がない人」とに分けられてしまう傾向があるわけですね。

でも、これを「ある・ない」だけで捉えるのは、少し考え方の方向が間違っているように思うのです。

実は、才能にも「質」と「量」があって、その「量」については、そんなに大きな差はないのではないと思うわけです。
そして、その「質」については、一つ一つが、まったく違うものなのではないかとも思います。

ですから、「才能がある人」とか「才能がない人」と言う考え方には無理があると思うわけですね。

つまり、私は、皆それぞれ違う「質」の才能を同じ「量」づつ持っているのだと思うのです。


もちろん、芸術やスポーツなどの特定の分野に向いている人と向いていない人はいるでしょうが、それを、「才能がある」とか「才能がない」と言ってしまうと、それが「質」=「向き・不向き」の問題であって、「量」=「ある・ない」の問題ではないのに、「才能がある」側の人が一段上の位置に持っていかれてしまい、「才能がない」側の人が、低い位置に置かれてしまうということが起きてきてしまうわけです。

ですから、私はどうしても、この「才能がある」や「才能がない」ということばを、簡単に使う人を見ると、その人の言っていることのすべてが薄っぺらなものに聞こえてしまい、どんなに立派なことを言っていても、何の説得力も感じなくなってしまうわけなのです。

わたしは、この「才能と言う言葉」自体が、今はもう必要ないのじゃないかと思っているぐらいなのです。
少なくとも、才能にも「質」と「量」があるという前提で、この言葉が使われるべきではないのでしょうか?

例えば、その「量」について単純に比べられるものに置き換えて言えば、ごく普通の人の身長が150~180cmほどだとして、ギネス・ブックに載っているような人でさえ、230~240cm ぐらい(不確かですが)だったように思うわけです。

つまり、せいぜい1・5倍程度で、二倍にも届かないということです。

それでも、確かに2mを超えるような長身と言うのはひとつの「才能」だとは思うのですが、「才能がある」と言ってしまうと、せいぜい1・5倍だということを忘れてしまうのではないのかなと。

また、その「質」について言えば、誰もがみんな違う顔をしていることだけでも、『同じものがない』ということは、十分わかることじゃないのかなと。

いずれにしても、「才能」と言う言葉が一段偉い感じになってしまっていることによる弊害なんてない方がいいなと。
みんなに同じくらいの才能があるなんていう程度のことが、なんで当たり前にならないのかなと。


そんな風に思っているわけなのです。


関連記事

Comment 0

There are no comments yet.