FC2ブログ

「長い題」=詩のような題(その15)




「長い題」=詩のような題(その15)です。

今は、基本的に新しい記事の投稿をしていないんですが、また「長い題」がいくつか出来たので、それだけ書いておきます。
(「題」だけが貯まると、何となく気がめいってくるので)


『  』の中は「題の題」のようなモノです。
その絵を呼ぶのに使う「呼び名」だと思ってください。
「ニックネーム」のようなものです。
(本当は、フルネームで呼んでもらったら最高ですけどね。落語の「寿限無」みたいで!)

あぁ、言い忘れてましたが、「絵」の「題」です。
あくまで「タイトル」として作っています。
その辺はこのカテゴリの最初の記事で説明しています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『てを ついて いこう』
あしだけで たって いられなくなったら

てを ついて いこう
こころの バランスを たもって いられなくなったら


からだの おもみに つぶされて
こころが くずれてしまう まえに
じめんに てを つこう

まず ひざを おり 
それを ゆっくりと ちに おろして
それから やさしく てを つこう

そっと てを ついて じめんに ふれたら

やっと だいちと つながって
やっと ちきゅうと つながって

そうして ひとつの ほしに なり
そうして ひとつの うちゅうに なり

エネルギーに みたされる
あっとうてきに みたされる


だから てを ついて いこう
この うちゅうの ひとつとして あるために

それで やっと いきていると いえるの かもしれない

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『ふういん と かいほう』

この ざつおんの なりやまぬ せかいの なかで
むじゅんの ひかりに みたされて

ありとあらゆる ほうそくが
せんぺんばんかの かいりつと なり

ありとあらゆる どうりが
へんげんじざいの こうそくと なる


その とざされた もんの なかに 
ふういんされた ひとの こころは
いったい いつに なれば かいほう されるのだろうか


はたして にんげんは それまで いきて いられるのだろうか  






関連記事

Comment 0

There are no comments yet.