FC2ブログ

「長い題」=詩のような題(その17)





「長い題」=詩のような題(その17)です。

今は、基本的に新しい記事の投稿をしていないんですが、また「長い題」がいくつか出来たので、それだけ書いておきます。
(「題」だけが貯まると、何となく気がめいってくるので)


『  』の中は「題の題」のようなモノです。
その絵を呼ぶのに使う「呼び名」だと思ってください。
「ニックネーム」のようなものです。
(本当は、フルネームで呼んでもらったら最高ですけどね。落語の「寿限無」みたいで!)

あぁ、言い忘れてましたが、「絵」の「題」です。
あくまで「タイトル」として作っています。
その辺はこのカテゴリの最初の記事で説明しています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

おりの なかで かわれている
どうぶつたちが おりの なかで かわれている

えさを あたえられ
せわを されて 
なにふじゆう なく くらしている

しかし
そこに やせいは ない
そこに しぜんは ない
そこに いのちは ない

ほんのうは うしなわれ
よろこびも なくされて
それを いのちとは いわない

きょうも たしかに いきて いる
からだは
きょうも たしかに しんで いる
こころは


そう 
この おりの なかでは
いきることが しぬこと であり

くうことも ねむることも
しぬこと である

きょうも あしたも
なに ふじゆう なく いきさせられて
なに ふじゆう なく しにつづける


そんな みえない おりの なかで
きょうも にんげんという どうぶつたちが

たっぷりと えさを あたえられ
ゆきとどいた せわの なかで

『りろせいぜんと かわれつづける』

まるで 
せいじゅくした おとなの にんげんたちには
えさと せわの ほかに
もう なにひとつ ひつような ものなど ないかのように

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『さんぜんかいも かれる はな』が ある

さんぜんかい さいて 
さんぜんかい かれる

それは うまれかわりとは ちがう

それは りんねする てんしょうでは なく
れんぞくする ほうかい


かたちづくられる はじから みるみる くずれてゆく

つまり 
うまれかわるために かいたいされて いるのではなく
くずれさるために けいせいされている

だが しかし
そんな なかに あっても

さんぜんいっかいめに さく はなは うつくしく 
さんぜんいっかいめに かれる はなも また うつくしい

その りゆうは えいえんに わからないだろう

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

はねを おろして うずくまって いると
じっと うごかずに うずくまって いると

いつしか
しんぞうの こどうが きこえてくる
ちいさな といきも きこえてくる

いつのまにか 
そんな ちいさな おとが こだまして
きょうかいの かねのように なりひびく

これは しゅくふくの かねのねなのか
それとも いきることが はきだす かなしい ざつおんなのか

その こたえは 
この はねを はばたいて そらに まいあがり 
ちじょうを みおろしたときに わかるだろう

おそらく はっきり わかるだろう


でも いまは 
もう すこし ここで じっと うずくまって いよう

『この はねを おろして』

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『うずくまって はねを やすめていても』
けっして らくとは いえない

なぜなら うちひしがれて いるから
だから らくとは いえない

うちひしがれて いるのは からだだけ ではない
ぜんしん ぜんれいが うちひしがれて いる
だから けっして らくとは いえない


それでも ここにいると 

ここに こうして うずくまって 
はねを やすめて じっとしていると

もしも ここで しんだら
きっと ここが まいそうのちに なるのだろう

そんなふうに おもえてくる
ここが どこなのかも わからないと いうのに

だから けっして らくとは いえないと いうのに

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR