FC2ブログ

「長い題」=詩のような題(その18)



「長い題」=詩のような題(その18)です。

今は、基本的に新しい記事の投稿をしていないんですが、また「長い題」がいくつか出来たので、それだけ書いておきます。
(「題」だけが貯まると、何となく気がめいってくるので)


『  』の中は「題の題」のようなモノです。
その絵を呼ぶのに使う「呼び名」だと思ってください。
「ニックネーム」のようなものです。
(本当は、フルネームで呼んでもらったら最高ですけどね。落語の「寿限無」みたいで!)

あぁ、言い忘れてましたが、「絵」の「題」です。
あくまで「タイトル」として作っています。
その辺はこのカテゴリの最初の記事で説明しています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『ピエロが しりもちを ついて ひっくりかえった 』

ひとりの きずついた ピエロが
しりもちを ついて ひっくりかえった そのとき

コロンと なかみが とびだした
ピエロの なかみが とびだした 

ひとりの きずついた ピエロの なかみが
コロンと そとに とびだして
ピエロの なかは からっぽに なった


その ピエロは いつも おどけてばかり いたから
だれも それに きづかなかったけれど

みんな ピエロは おどけるものだと おもっていたから
だから それに きづいてくれる ひとは いなかったのだけれど

でも
そのとき ピエロは おどけてなんか いなかった
そのとき ピエロは みんなに ころんでみせた わけじゃなかった

どうやら ピエロは きずついて いたらしい
どうけで あることに つかれてしまって いたらしい

だから ひっくりかえって
だから しりもちを ついて ひっくりかえって
そして もう たちあがることは できなかった


でも それなのに 
まだ だれも きづかない

まだ ピエロが おどけていると おもってる
だれもが みんな おもってる
まだ みんな ゆびを さして わらってる
みんなが ピエロを わらってる

もう ピエロの なかみは とびだして
もう ピエロの なかは からっぽで
きずついた ピエロの ぬけがらが そこに あり
きずついた ピエロの なかみも そこに ある


からっぽに なった
かなしい ピエロが たちあがれずに ころんでる 
しりもちを ついて

それを みて
みんなが たのしそうに わらってる
ゆびを さして


でも いちばん かなしいのは
ピエロが それを よろこんで いること

かなしみながら すこし よろこんでいること

だって しかたがない 
それが ピエロの しごと だから


わらわれることを なきながら よろこぶことが できるのは
ピエロだけ なんだから しかたがない

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『てんにょのように かけぬける』

そらを まうように かけぬける
ちを はう けむりのように かけぬける
ふきあげられた マグマのように かけぬける


それが いま あなたに あたえられた ことならば 
それが いま あなたに できる ことならば

きっと あなたは てんにょのように 
そらを かけぬけることに なるのだろう


なにかに はばまれて かけぬけることが できなくなるまで

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『きんいろの かげに つつまれて』
つちに しみこむ

きんいろの くうきに つつまれて
かべに すいこまれる

きんいろの ひかりに つつまれて
やみに とけこむ


ひかりの なかに ひかりは なく
やみの なかに やみは ない

かがやきの なかにこそ かげが あり
かげの なかにこそ かがやきが うまれる

だから
きんいろの かがやきに つつみこまれた そのとき

ひとの かげは
くっきりとした ひかりと なって

その すがたを あらわすのだろう



関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR