FC2ブログ

「長い題」=詩のような題(その23)







「長い題」=詩のような題(その23)です。

今は、基本的に新しい記事の投稿をしていないんですが、また「長い題」がいくつか出来たので、それだけ書いておきます。
(「題」だけが貯まると、何となく気がめいってくるので)


『  』の中は「題の題」のようなモノです。
その絵を呼ぶのに使う「呼び名」だと思ってください。
「ニックネーム」のようなものです。
(本当は、フルネームで呼んでもらったら最高ですけどね。落語の「寿限無」みたいで!)

あぁ、言い忘れてましたが、「絵」の「題」です。
あくまで「タイトル」として作っています。
その辺はこのカテゴリの最初の記事で説明しています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『このよに いっさつしか ない ししゅう』


にくひつで かかれた その ししゅうは
ひらけば ひとの こえが するという

その こえを きいたものは 
けっして その ことばを わすれることは なく
それを かたりつぎ ひろめて ゆくという

その ことばは ひとの こころの なかに 
ねを はり
えだを ひろげ
やがては たいぼくのように おいしげる

もはや ししゅうが そんざいする いみは うしなわれ
はじめの ことばとは まったく ちがう ことばが 
つぎつぎ つむぎだされて ゆく


ほんらい ししゅうとは

そんなもの なのかもしれない


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ほんとうの おくりもの

いま きみに おくりものを おくろう
そう きみに ほんとうの おくりものを おくろう


あまっている ものを あげて 
それを おくりものと いえるのか

ぼくは それを おくりものとは よばない

いらない ものを わたして 
それを おくりものと いえるのか

ぼくは それを おくりものとは よばない

それならば
ひとが よろこぶ ものを おくれば
それを おくりものと いえるのか

いや それでも ぼくは それを おくりものとは よばない


たしかに よのなかは うまくいく
いらない ものを あげて
もらった ひとは よろこぶ
すべて まるく おさまるに ちがいない

でも それは ほんとうの おくりものでは ない

なぜなら 
よろこびだけが おくられて
かなしみが おくられて いないから

だから その おくりものが ひとの こころを うごかすことは ない
だから それは ほんとうの おくりものでは ない


いま きみに
ほんとうの おくりものを おくろう

いま きみに

それを うしなえば ぼくが いきて いかれなく なるような 
そういうものを いま きみに あげよう

いま きみに

それを おくれば ぼくが きみに きらわれ ときには にくまれて しまうような
そういうものを いま きみに おくろう


そう きみに 

ぼくの なかみを そっくり きみに てわたそう



おそらく きみを よろこばせることの ない
この 『かなしみの ギフト』を

はたして きみは うけとって くれるだろうか


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



関連記事

Comment 0

There are no comments yet.