FC2ブログ

「長い題」=詩のような題(その27)







「長い題」=詩のような題(その27)です。

今は、基本的に新しい記事の投稿をしていないんですが、また「長い題」がいくつか出来たので、それだけ書いておきます。
(「題」だけが貯まると、何となく気がめいってくるので)


『  』の中は「題の題」のようなモノです。
その絵を呼ぶのに使う「呼び名」だと思ってください。
「ニックネーム」のようなものです。
(本当は、フルネームで呼んでもらったら最高ですけどね。落語の「寿限無」みたいで!)

あぁ、言い忘れてましたが、「絵」の「題」です。
あくまで「タイトル」として作っています。
その辺はこのカテゴリの最初の記事で説明しています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

うちゅうには うつくしい ほしも あるという
ちじょうには らくえんと いわれる ばしょが あるという


はなは さきほこり
なみうつ うみは かがやき
ひとは みな よろこびの なかに いきている

たしかに 
『そんな らくえんと いわれる ばしょ』が 
あると いわれている


まだ

みたものは いない

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『ちょうのように さき
はなのように まう』

そらに さく はなは
ちょうのように まい
えだを のばして とぶ ちょうは
はなのように さきみだれる

そんな ときには
ちょうと はなを へだてている かべは きえ
せかいは ひとつに なるだろう


しぬまでに いちにちだけ
そういう せかいに くらすことが

いまの のぞみ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~







関連記事

Comment 0

There are no comments yet.