FC2ブログ

「長い題」=詩のような題(その29)





「長い題」=詩のような題(その29)です。

今は、基本的に新しい記事の投稿をしていないんですが、また「長い題」がいくつか出来たので、それだけ書いておきます。
(「題」だけが貯まると、何となく気がめいってくるので)


『  』の中は「題の題」のようなモノです。
その絵を呼ぶのに使う「呼び名」だと思ってください。
「ニックネーム」のようなものです。
(本当は、フルネームで呼んでもらったら最高ですけどね。落語の「寿限無」みたいで!)

あぁ、言い忘れてましたが、「絵」の「題」です。
あくまで「タイトル」として作っています。
その辺はこのカテゴリの最初の記事で説明しています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『どんよくに いきるか 
どんよくに しぬか』

いきることに どんよくに なれば
ちからを えることが できるが
いきざまとしては みにくい すがたに なるだろう

しぬことに どんよくに なれば
いきざまの みにくさからは はなれられるだろうが
ちからを うしない さまよい つづけることに なる

しかし そもそも
みにくいことは わるいこと なのか
うつくしいことは ただしいこと なのか
ちからは なければ ならない ものなのか

おそらく だれにも わからない


ただ わかっているのは

どんよくであると いうことが
うつくしくは ないと いうこと


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『グッド・ラック フォー ハード・ラック』

ハード・ラックな じんせいを おくっている あなたに
グッド・ラックを おくります
ことばだけでも

ハード・タイムな じだいに うまれてしまった あなたに
グッド・ラックを おくります
ことばだけでも


おくれるものは ことばだけ
でも
くちで いってる わけじゃない
たましいを つかって いいましょう


いま ダブル・トラブルの なかに いる あなたに 
グッド・ラックを おくりましょう

あなたの じんせいに なにひとつ いいことが ないとしても

グッド・ラック フォーエバー



※この「詩のような題」は、下にある曲に影響を受けています。
全体の歌詞を日本語で読んでいないのでよくわかりませんが、歌詞や曲調には必ずしも関係ありません。
主に、言葉の持っている「ひびき」に影響を受けたのだと思います。







~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『アンラッキー・ブルースは 
どこにでも ころがっている』
いしころ みたいな ものだから

ストーン・イン・マイ・パスウェイ 
みちばたに たくさん ころがっている
ふうん なんて ありふれた ものだから

さけることは できない


でも 
ふだんは それに きづかない
いしころ みたいな ものだから

つまづいて いても きづかない
たくさん ころがっている ありふれた ものだから

のりこえて いても きづかない
かんたんに のりこえられる ものだから

だから 
ひとを ふみつぶして いても きづかないで いられるのさ
かんたんで ありふれた いしころ みたいな ものだから

どうってこと ない


でも いちどでも 
いしころが ころがって いるのに きづいてしまえば
アンラッキー・ブルースに つかまって
もう たちあがることも できない


だって 
その いしころって
アンラッキー・ブルースに つかまって
たちあがれなく なった やつらの あたま なんだぜ

あんた それを ふみつぶして いけるのかい



※この「詩のような題」は、下にある曲に影響を受けています。
全体の歌詞を日本語で読んでいないのでよくわかりませんが、歌詞や曲調には必ずしも関係ありません。
主に、言葉の持っている「ひびき」に影響を受けたのだと思います。









~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~







関連記事

Comment 0

There are no comments yet.