FC2ブログ

「上下のない世界」



前にも書いたことなのですが、私はとにかく差別や格差と言うものが嫌いで、なぜかは、自分でもはっきりしないのですが、生理的な嫌悪感に近いものを感じてしまうわけなのです。
(正義感や道徳心からきているものとも違うように思います)

だから、もしも、世の中が上下のないフラットな世界に成ったら、きっと気持ちがいいだろうなと思ってしまうのです。

もちろん、それが実現できるようなものでないことはわかっていますけれど、年齢、性別、人種、地位、などありとあらゆる階層の人が、ほとんど段差の無いような状態で、気軽に話し合えたり、交流できたりしたら、本当に自由だと感じられるのではないのかなと。


と言っても、つるつるにフラットな状態である必要はないのです。
緩やかな上下があってもいいと思うのです。

その段差が、気持ちよく乗り越えられるものであったり、試しに上ってみるのに丁度良いと、感じられる程度のものであればいいのです。


私は、そんな世の中に居られたら無条件に上機嫌でいられるように思うのですが、もし仮にですけれど、そんな世の中が実現したとしても、やっぱり、そこからも差別や格差と言うのは、生まれてきてしまうのでしょうか?

みんなが自由で、上機嫌でいられれば、差別や格差を生み出すようなストレスやコンプレックスがなくなって、差別や格差が生み出されることもなくなったりしないのだろうかと、そんな風に考えてしまうわけですが、難しいのでしょうね。


でも、絶対できないでもないのかなと。
5~600年くらい、経ったら、できるかもしれませんよね。

でも、そのときには、また別の「何か(=問題)」が現れているのでしょうか?


それにしても、上下の差なんて本当は初めから何処にも無いわけですから、そういう人間の妄想の中で創り出された「負の要素」なんて、あっても何の役にも立たないと思うのです。

と言っても、昔と比べれば、ずいぶん格差は小さくなっているし、差別もあからさまではなくなってきているわけですけれど、やはり、私としては、気軽に乗り越えられる程度の段差までになってほしいのです。


だから、「あれ、気が付いたら結構、世の中フラットになってるよ」なんてことが、あったらいいなと。
そういう幻想に浸ってみたりもする。

と言うわけなのです。




関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR