FC2ブログ

『やむに やまれぬ きもちで』



「長い題」=詩のような題です。

『  』の中は「題の題」のようなモノです。
その絵を呼ぶのに使う「呼び名」だと思ってください。
「ニックネーム」のようなものです。
(本当は、フルネームで呼んでもらったら最高ですけどね。落語の「寿限無」みたいで!)

あぁ、言い忘れてましたが、「絵」の「題」です。
あくまで「タイトル」として作っています。
その辺はこのカテゴリの最初の記事で説明しています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『やむに やまれぬ きもちで』
ひびを すごして
やむに やまれぬ きもちで
ときを すごして
やむに やまれぬ きもちで
じんせいを すごします


やむに やまれぬ こうきしんに かられて
やむに やまれぬ しょうどうに かられて
やむに やまれぬ よくぼうに かられて

だいたいの ことを やっています


やむに やまれぬ じじょうから
やむに やまれぬ じょうたいに なり
やむに やまれぬ かなしみに しずみ

だいたいの ばあいは ぬけだせません


でも 
やむに やまれぬ よろこびが
むこうから やってくる なんてことは ありません

だいたいの ばあいは ありません


そうなると 
いいことは あまり のこって いませんが
それでも 
やむに やまれず すごします


やはり
やむに やまれぬ ことは

やむに やまれないのでしょう


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※上の「詩のような題」のイメージに近い曲です。
どうしても、言葉の意味よりも曲から受けるイメージで選んでしまうので、歌詞と「詩のような題」の間にギャップがある場合があると思います。
まぁ、それ以前に、英語の意味がほとんどわかっていないので、その辺はどうぞ大目に見てくださいませ。





もう一曲



※この曲が、こんなにいいと思ったことなかったなぁ。
 聞いてみたら、すごく良くてビックリした。
 昔、子供の頃に聞いたときは、明るくて呑気な曲だと思っていたような気がしますが、
 あらためて聞いてみると歌も歌詞も単純なのに深みがあるように聞こえて、ハリー・べ
 ラフォンテも好きになりました。

 こんなの、こういうことでもやってないと無いだろうなと思いましたよ。

 『ありがとう。 じぶん』
 誰からも相手にされないので、自分で言って、自分でお礼を言う。

 『ごくろうさん』
 自分でねぎらう。
関連記事

Comment 0

There are no comments yet.