FC2ブログ

『げんだいの じょじしを かたること』



『  』の中は「題の題」のようなモノです。
その絵を呼ぶのに使う「呼び名」だと思ってください。
「ニックネーム」のようなものです。
(本当は、フルネームで呼んでもらったら最高ですけどね。落語の「寿限無」みたいで!)

あぁ、言い忘れてましたが、「絵」の「題」です。
あくまで「タイトル」として作っています。
その辺はこのカテゴリの最初の記事で説明しています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『げんだいの じょじしを かたること』
それは この プラスチックの せかいを すてること

げんだいの じょじしを かたること
それは この みせかけの じかんを とめること

げんだいの じょじしを かたること 
それは この そとがわの からだけに なった じだいを ぬぎすて
にんげんの にくたいと せいしんを とりもどすこと


もういちど ときめくじかんを つくりだそう
あの みわくされる しゅんかんを おもいだそう

みも こころも ささげてしまいたく なるような
にんげんの せいを よびもどし
この ぬけがらの じだいに いきを ふきこもう


もし かりに いまに まんぞくしていると いうものが いるのなら
そんな ひとは おいていけばいい
この じだいの ぬけがらと ともに

その プラスチックの ぬけがらに へばりついて いたいなら
それを とめる ひつようは ない
かれらに とっては それが ゆいいつの しあわせ なのだから


もはや われわれに そんな ためらいは ない

この じだいに ちを そそぎこみ
にくたいを よみがえらせ 
そこから ふきだす かんきが この せかいを みたしたとき

そこには 
にんげんの いのちが 
えいえんに おどりつづけることが できる くうかんが 
うかびあがる ことだろう

その やくどうする せかいを まのあたりに してしまったからには
もう われわれが ここに とどまる りゆうは なくなった


そう われわれは たった いま 

げんだいの じょじしを かたりはじめると けついしたのだから



※この「詩のような題」は、以前まとめて投稿したものの一つです。
 今回、このタイトルに合わせる絵が出来たので、その絵とともに、
 改めて記事にしました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※上の「詩のような題」のイメージに近い曲です。
どうしても、言葉の意味よりも曲から受けるイメージで選んでしまうので、歌詞と「詩のような題」の間にギャップがある場合があると思います。
まぁ、それ以前に、英語の意味がほとんどわかっていないので、その辺はどうぞ大目に見てくださいませ。







※リード・シンガーの「ルース ”ベイビー・シス” デイヴィス」は、私の大好きな
 ゴスペル・シンガーです。
 日本では、ブラック・ミュージック・ファンの間でさえも、こういう力強い女性シン
 ガーが嫌われるそうですが、私には理解できませんねぇ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※この「詩のような題」に対応する絵がこれです。



P1020685_(2)_convert_20201017141654.jpg



※もっと力強い絵を描かないと、「ルース・デイヴィス」の声に吹き飛ばされそう。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
関連記事

Comment 0

There are no comments yet.