FC2ブログ

『マンドリル・マンの こころは カラフル』



『  』の中は「題の題」のようなモノです。
その絵を呼ぶのに使う「呼び名」だと思ってください。
「ニックネーム」のようなものです。
(本当は、フルネームで呼んでもらったら最高ですけどね。落語の「寿限無」みたいで!)

あぁ、言い忘れてましたが、「絵」の「題」です。
あくまで「タイトル」として作っています。
その辺はこのカテゴリの最初の記事で説明しています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『マンドリル・マンの こころは カラフル』

よのなかには かわった どうぶつも いるもんだ
よのなかには かわった にんげんも いるもんだ

だから
かおじゅうに カラフルな いろを ぬりたくった
マンドリルが いるのは とうぜんだし
その 
マンドリルの ような 
にんげんが いるのも とうぜんだ


マンドリルの ような マンドリル・マンは
どこに だって いる

マンドリルの ような マンドリルが
いるのと かわりは ない

そう 
にんげんの ような にんげんが
いるのと かわりは ない

だから
マンドリルの ような マンドリル・マンも 
けっこう たくさん いる はず


そんな 
マンドリル・マンの こころは とっても カラフル

カラフルな かおに カラフルな こころの
マンドリル・マンが 


もっと ふえれば 

もっと いい


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※上の「詩のような題」のイメージに近い曲です。
どうしても、言葉の意味よりも曲から受けるイメージで選んでしまうので、歌詞と「詩のような題」の間にギャップがある場合があると思います。
まぁ、それ以前に、英語の意味がほとんどわかっていないので、その辺はどうぞ大目に見てくださいませ。





もう一曲

関連記事

Comment 0

There are no comments yet.