FC2ブログ

『わたしには なまえが ない』



『  』の中は「題の題」のようなモノです。
その絵を呼ぶのに使う「呼び名」だと思ってください。
「ニックネーム」のようなものです。
(本当は、フルネームで呼んでもらったら最高ですけどね。落語の「寿限無」みたいで!)

あぁ、言い忘れてましたが、「絵」の「題」です。
あくまで「タイトル」として作っています。
その辺はこのカテゴリの最初の記事で説明しています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『わたしには なまえが ない』

かおを もたない ものには なまえが あたえられ
かおを もつ ものは なまえを うしなう


なまえが なければ いきづらい
かおが あると いきづらい
いきて いるから いきづらい

それは
しょうたいを みられて しまうから


なまえが あれば いきやすい
かおが なければ いきやすい
いきて ないから いきやすい

それは
ほんしょうを かくして おけるから


どちらかを えらぶしか ない

かおと なまえが
りょうほう ある ものは いないから

それなら かみに なれるだろう


かおと なまえが
りょうほう ない ものも いない

それでは しんで しまうから


だから わたしは 
かおを うしなうことは できない

わたしには なまえが ないのだから



※この「詩のような題」は、前にまとめて投稿したものの中の一つです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※上の「詩のような題」のイメージに近い曲です。
どうしても、言葉の意味よりも曲から受けるイメージで選んでしまうので、歌詞と「詩のような題」の間にギャップがある場合があると思います。
まぁ、それ以前に、英語の意味がほとんどわかっていないので、その辺はどうぞ大目に見てくださいませ。




もう一曲




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※この絵には『ギブ&ギブの せかい』という題をつけていたんですが、その後、一時期この「詩のような題」を付けていました。
でも、その後、またタイトルを替えて、今は『ランド・オブ・インサイド・オブ・ミー』と言う絵に合わせています。

結果的に、非情にわかりにくく成ってしまったと思ってはいるんですが、この「詩のような題」は、入れ替え可能なタイトルという考え方でやっているので、どちらでも見る人が好きな方を選んでもらって構いませんし、他のどのタイトルを勝手に合わせても自由です。
(まぁ、そんな酔狂なことしてくれる人も居ないでしょうが)
なので、こちらにも下の絵を残しておきます。

※下から上に制作過程を追っています。

P1020707 (2)


P1020702 (2)


P1020698 (2)


P1020526_(2)_convert_20201028230646.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
関連記事

Comment 0

There are no comments yet.