FC2ブログ

『ぎもん する』



『  』の中は「題の題」のようなモノです。
その絵を呼ぶのに使う「呼び名」だと思ってください。
「ニックネーム」のようなものです。
(本当は、フルネームで呼んでもらったら最高ですけどね。落語の「寿限無」みたいで!)

あぁ、言い忘れてましたが、「絵」の「題」です。
あくまで「タイトル」として作っています。
その辺はこのカテゴリの最初の記事で説明しています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『ぎもん する』

ぼくは 
ぼくを ぎもん する
ぼくは
きみを ぎもん する
ぼくは
にんげんを ぎもん する

ぼくは
はなを ぎもん する
ぼくは 
いきものを ぎもん する
ぼくは
いのちを ぎもん する

ぼくは
そらを ぎもん する
ぼくは
うみを ぎもん する
ぼくは
しぜんを ぎもん する

ぼくは
たいようを ぎもん する
ぼくは
うちゅうを ぎもん する
ぼくは
ほうそくを ぎもん する

ぼくは
ひかりを ぎもん する
ぼくは
やみを ぎもん する
ぼくは
せつりを ぎもん する

ぼくは
いまを ぎもん する
ぼくは
かこを ぎもん する
ぼくは
じかんを ぎもん する


こたえ なんて いらない



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※上の「詩のような題」のイメージに近い曲です。
どうしても、言葉の意味よりも曲から受けるイメージで選んでしまうので、歌詞と「詩のような題」の間にギャップがある場合があると思います。
(逆に、曲調の方に違和感がある場合もあると思います)
まぁ、それ以前に、英語の意味がほとんどわかっていないので、その辺はどうぞ大目に見てくださいませ。



もう一曲

関連記事

Comment 0

There are no comments yet.