FC2ブログ

「人間のジェネレーション」と「時代のジェネレーション」



ジェネレーションと言うと、世代なわけですけれど、その世代とは何の世代なのでしょうか?
たいていの場合は、「人間の世代」を指して言うことが多いと思うのですけれど、時代そのものの世代を指していう「時代のジェネレーション」の場合もあると思うわけです。


それは、「時代の世代」という、ちょっと変な言い方になってしまうわけなのですけれど、それはともかくとして、「政治」や、「教育」などのような国家の成り行きを左右することについては、この「時代のジェネレーション」を念頭に置いて行ってほしいなと思っているわけです。


今の景気を上昇させることや、今の国際情勢に対処することも必要なのでしょうが、少なくとも〝百年"くらい先のことを考えて国家を運営していってほしいものだなと。

とにかく、政治家の人が≪次の選挙≫を目算に入れて、ものをしゃべっているなと感じる時ほど悲しく思うことは無いわけです。

その人の言っていることが、いくら理路整然としていて筋の通った立派なことでも、それが、先のことまで見込まれていることでなければ、「政治」としては全く意味をなさないようにも思われるわけです。


要するに、十年後までしか通じないようなことは、「政治」でなくとも、誰かがやるのではないですかと。

百年先のことを想定して実行するとなって、そこで、初めて「政治」と言う「権力」が必要になってくるように思うわけです。


現状において、「政治」の場で「権力」が乱用lされるケースが多いのは、「権力」をもてあましているからで、「権力」を行使するべき場が与えられれば、その乱用が少しは減るようにも思うわけです。
(『そんなことでへりゃーしねーよ!』と言うのが本当かも知れないですけど)


「権力」は乱用されるようになってしまう性質があるものだと思いますが、あまりにも判で押したように、与えられた「権力」が必ずや乱用されるというのは、やはり、その本来の「持って行き場」がないということにもよるのかなと。


少なくとも、国家的な同意のもとに、百年から数百年の「時代のジェネレーション」を想定して、「政治」や「教育」が行われたということは、おそらく過去になかったと思われるので、そういったことが、検討されるべき時代になっているように思うわけなのです。

でも、実際には時代のサイクルは短くなっていく一方で、今に追われているというのが現実でしょう。


これからは「政治」にも、主に現在に対処する「短期型の政治」と、主に未来のことに対処する「長期型の政治」が必要になってくるのかなと。


そんなことを、思ったりもします。



関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR