FC2ブログ

絵画作品の額装について(日本人として思うこと)



現代アート作品の展示を見ると、平面作品で額装していないものが多いようですけれど、そういう展示を見ていつも思うのは、この「無額」には本当に意味があるのかな?ということです。

現代アートの流れを考えれば「無額」はごく自然なことだと思うのですが、それだけに、当たり前でちょっとつまらないなと思ってしまうわけです。

作品の中で攻めて(チャレンジして)いるものであればあるほど、その「無額」が、ややシラケて見えてしまうのです。
また逆に、物静かでクールな作品だと、今度は作品の側面の厚みが気になって来たりします。
おしゃれな服を着ているのに、洋服にタグが付いたままだったりするような感じでしょうか。

でも、実は、前から、私も額装に非常に抵抗があるんです。
それで、よくよく考えたわけです。

そして、私が行きついたのは日本の「茶室」なんですね。
(絵を茶室に飾ろうということじゃありません)

私は、「茶室」とは世界に類を見ないほど、意匠を幾重にも凝らした「額」だと思うわけです。

「茶室」には、庭があり、庵があり、くぐり戸があり、ふすまや障子があり、そしてようやく「茶室」があり、その中にもさらに床の間があり、その床の間の中にさらに掛け軸がかけられ、その手前に花が活けられたりもします。

障子を開ければそこには、また庭が見え、その庭という風景画を欄間が縁取るという、迷宮のような多重構造の「額」なんじゃないのかなと思うんですね。

これに比肩するほどの額文化は、世界中探しても、なかなかないのではないかなと。

「茶室」における、庭・くぐり戸・ふすま・障子・床の間・掛け軸・生け花・欄間・茶道具そして主人・客人と彼らの衣装など挙げればきりがないほどに、折り重ねられた要素は、どれもが、見方によって主役=「絵」ともとれるし、脇役=「額」ともとることができるような気がするわけです。

これと比べるとどうしても、前述の「無額」は、いかんせんチャチだなと。
日本人が、この西洋美術の流れの中で、ごく当たり前のこととして出てきたような、そして、そこからほとんど進歩もしていないような、ややもすると短絡的な発想である「無額」を採用する必要はあるのかなと。

ゴッツイ「額装」で偉そうにしたくないというのはあると思うのですが、だからと言って「無額」はどうかなと。
そんな「チャチな発想」から抜け出すのに一番近いところにいるのが日本人かもしれないのに、チョト残念だなと。

私はそんな風に思ってしまうのです。


※追記 

西洋美術の流れの中に置いて、教会建築とその祭壇画を縁取る装飾に、この記事で述べている「茶室」のような「多重層の額縁」に当たると思われるものがあるようです。
そういったことに詳しくないのでよくはわかりませんが、ここでいう「茶室」との違いは、宗教的な意味合いが強いことだと思っています。

ここで主に述べているのは、芸術と言う「異世界」への「入り口」でもあり、それを封じ込めておくための「結界」でもある「境界線」としての「額」でありますから、「神の世界」との間の「境界線」としての「祭壇装飾」とは、今のところ区別して考えています。
でも、それほど大きな意味の違いはないのかも知れません。
その辺は、今後考えていきたいと思っています。

      

関連記事
1:
本当の「20世紀」さま

はじめまして
sakiと申します。
MAILありがとうございます。
芸術に真摯に向き合っているお姿に共感致します。
芸術も哲学も文学も
それまでがあまりに、あまりに
あまりに偉大すぎる
と感じる私と
相対論で言えば
同じ違和感を感じている方なのかと
想像してみたりしています。

そしてこちらの”額装”への思い・・・
そのうち絵画のなかに
額までも描き込んでしまう画家さんが
現われたりするのではないかと・・・。

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR