FC2ブログ

「直面すること」で感動します



前の記事の続きになります。


私の場合、技術的な絵よりも偶発的な効果が現れた絵の方に『感動してしまう』ということを、前の記事で書いたわけですね。


その「感動」が、どこからどういう理由でやってくるのかはよくわかりませんけれど、一つ言えることは、『自分の実力で達成した』という感じが希薄なので、自分の作品でも、どこか100%自分のものでないような、つまり、客観的な視点で、見ることができるということかなと。

だから、今自分が描いている絵であるのにもかかわらず、なにか「自然物」や「惹きつけられる景色」や「空気のようなもの」など、
いろいろな「直面するもの」や「出くわすもの」と同じような感覚で、「直面」したり「出くわし」たりする感じがするわけです。


前は、それも含めて自分でやっていることにしようとしてしまっていたように思いますが、今は、そういう作為から少し離れることが出来ているんだと思っています。
(自分でやってはいるんですけどね)

そして、そういう無作為に「直面したもの」や「出くわしたもの」の中から、自分が、より惹きつけられるものを選んで並べていくような感覚で絵を描いているわけです。

ですから、できた絵を見ていても、『この絵の、ここがいいなぁ』とか、『この部分は、なんでこんなに良くなったんだろう』などと、とても素直に言えるように思うわけなのです。


そして、それが自分では、まったくもって「自画自賛」という感覚がないわけですよね。人から見れば、典型的な「自画自賛」であっても、少なくとも、自分の中には、それがないということが、私にしてみれば、とても驚くべきことなので、とてもやりやすいという感じがするわけなのです。


そんなわけで、『いま、「直面すること」で感動しております』
しばらくの間、「直面すること」で行きたいなと。


そういう風に思っています。





関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR