FC2ブログ

「20世紀美術」と言う実験



「20世紀美術」においては、たくさんの主義主張が現れては消えて行き、その結果として、様々な「~イズム」と名付けられるようなものが生み出され、また、それらに基づいた作品も数多く残されたわけです。

そして、それらを主導した人たちは巨匠と呼ばれるように成り、彼らによって残された作品は名作と呼ばれるように成っていったわけです。

しかし、それは本当に「完成形」だったのでしょうか?


もともと、芸術に完成など無いとも言えるわけですから、完成度の問題ではないのですけれど、巨匠たち自身が、「実験」としてやっていたという”感じ”はないのでしょうか?

つまり、試作品だったということですね。


巨匠の作品を試作品だなどと言うと、怒る人や、ヒガンデいるんだと思う人もいるでしょうが、この点について、私には、どうしても、
彼ら巨匠たち自身が実験的な試みとして、さまざまな「~イズム」を生み出して行ったように思えてならないわけなのです。

そして、それらの「実験」から「納得のいく答え」を導き出す前に、せき立てられるようにして次の「実験」に向かって行かされてしまうような「時代の空気」があったように思うわけなのです。


そう考えなければ、あれだけの「~イズム」が現れては消えたことの説明はつかないように思うのです。


ですから、「芸術の20世紀」が、ありとあらゆる試みを行った「挑戦の時代」であったことは、間違いのない事実だと思うわけですけれど、反面、それは「実験的な習作」を積み上げては放置し続けた、「やりっぱなしの時代」でもあると思ってしまうわけなのです。

これは、決して「実験的な時代」が悪いということではありません。

それどころか「やりっぱなし」ですら悪いとは思っていません。

その時、それらが必要だったのだと思います。

「他の何か」ではダメだったのだとも思います。


ただ、それを「完成形」として扱うことには問題があるように思うわけです。


それらは、あくまで「実験」や「挑戦」としてこそ価値あるわけで、そこから何かが学ばれなければ意味がないわけです。
それらを「巨匠の名作」として”ありがたく拝んで”いるだけでは、せっかくの「挑戦」や「実験」が無駄になってしまうわけです。


そういう「時代の空気」の中で、

本人たちが最終到達点にまで達しなかったことは、やむを得ないことだったように思うのです。
それぐらい困難なことをやろうとしたということだと思います。

そして、そういう時代でもあったということなのでしょう。


でも、いま、そこに残された「試行錯誤」から学び取ることがあるのではないかと思うわけです。


それらの「~イズム」自体を「完成形」としてみた場合、それらに、今でも発表当時と同じだけの意味や価値があるとは思えないのです。

錬金術師が「金」を合成することが出来なかったのと同じで、『いろいろやってみたけど全部行き止まりだった』と言うのが現実だったように思うのです。


そして、いま、その行き止まりから何かを学び取らなければならないということなのだと思うわけです。

つまり、『「金」は決して合成することが出来ない』ということがわかったということです。


『そこからどうするか?』
ということなんでしょうね。
(随分、止まったままですけどね)


そんな風に思っています。




関連記事

Comment 0

There are no comments yet.