FC2ブログ

「~ではないですよ」ということを装ってしまう



『やりたくてやってるわけじゃないですよ』とか、『意味があってやってることではないですよ』とか、
いろいろな形で『~ではないですよ』というのを言ってしまうことがあるわけです。

でも、これが本心と違う場合も多いような気がするのです。


これは、相手に予想された通りの自分であることが、なんとなく悔しいんですね。
それで、ついつい『そんなことないですよ』と言いたくなってしまうわけなのです。

そして、これは「芸術」に関わっている人にとくに多いように思うわけです。
(少なくとも私は多いです。今は出来るだけ言わないようにしているんですが)


「芸術」にかかわりを持っていこうとすると、人から、何かと穿った見方をされたりもするわけです。
『どうせ、売れてるわけじゃないんだろう』とか、『なんだか芸術やってますといって、偉そうにしてるよね』とかですね。

自分からは、何も言っていないのに、何かと詮索されたり、変わり者扱いされたりすることがあるわけです。


そんなわけで、どうしても『~ではないですよ』と言ってしまうわけです。


『売れてないんでしょ』と言われるのが悔しいから、その前に『売れる事なんて目指してませんよ』と言ってしまったり、『意味の解らないことをやっている』と思われるのがいやだから、先回りして、『意味なんてありません』と言ってしまう。
というような感じでしょうか?


多くの場合、その中には本当のこともあるのだと思います。

例えば『売れるためにやっているわけではない』ということが、本心である場合もあるでしょうし、『何か具体的な意味があってやっているわけではない』と言う人もいるのでしょう。

でも、少し言い過ぎてしまうこともあるような気がするわけです。


『人から評価されるのが目的で、やっているわけではない』と言うのを言いすぎてしまって、『人に共感されることは望んでいない』というのに近いことを言ってしまったりするわけです。

でも、この辺のところだけは”装って”はいけないように思うのです。


人から共感を得たくないなら、「芸術」なんてやってないはずだし、それ以前に、それを全く望まないことなんてできるはずないと思うのです。

それができるなら、その人は「悟りの境地」にあると思いますけれど、それなら、「芸術」じゃなくて「宗教」をやっているはずなのだと思うのです。


だから、なるべく”装わない”ようにしようと思うのですけれど、その辺の所を上手く言う言い方が、なかなか無いわけです。

それでまた、『~ではないですよ』と言ってしまう(しかも意味もなく低姿勢で)という繰り返し。
これ、なんとかならないものなのかなと。
(低姿勢なのか高飛車なのか、自分でもわからない)


そんなことを思ったりします。




関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR