FC2ブログ

「迷い」について



前の記事の「迷い」の部分の続きです。


「迷い」は「芸術」においても”キーワード”になると思っています。
「迷うこと」は、これまで「芸術」の創作においては、マイナスと捉えられる傾向があったわけです。

と言っても、これは「芸術」に限ったことではなく、ほとんどのことにおいて、「迷うこと」がプラスと捉えられることはないと言えるでしょう。


確かに、「迷い」は非常に非効率的でもあり、「前進」とか「進歩」ということを約束してくれないものであるわけです。
むしろ、そういった「向上すること」をほとんど期待できないというべきかもしれません。


しかし、もう、その「向上」自体に意味がなくなってしまっているわけです。

一方向の「前進」や「進歩」と言った「向上すること」とは、一つの「完全」に向かって行くことに他ならないわけです。
そして、その「完全」は、もう何処にもないと思うのです。
現在「絶対的なもの」を設定することは誰にもできないと思うのです。

少なくとも「芸術」においては、そうした「原理」はもうなくなってしまっているし、それは無くなるべきものだったのだと思うわけです。


そんな状態の中で「迷わない」と言うのは、あり得ないことだと思うのです。
だから、もっと「迷う」べきなんじゃないかと思っているわけです。


「出口のない迷い」、つまり、答えを導き出すための「迷い」ではなく、「迷うこと自体」に意味があって、その中から現れて来るものこそが、その人にとっての「真実」なのだと思います。


その人にとっての「真実」を表現しなくて、何の意味があるというのでしょう?

『意味は必要ない』は、もう許されないと思っています。

『そこに意味を作り出さなければならなくなっている』と思うのです。


それでなければ、その絵がどんなに上手に描かれていても、それはただの平面に塗られた色に過ぎないのです。


それは上手なら褒められるし、下手なら貶されるというだけのものです。

「自己表現」である意味がないわけです。


「上手か下手か」なんてことじゃなくて、どこまでそれに”迫れるか”ということです。
「自分の中心」に”迫る”ということです。

そして、それが、その人に手が届く範囲で最も「真実に近いもの」ということです。


「迷い」のない所に「真実」はあり得無いわけです。
「真実」が無いということは、それは「嘘」ということに成ります。
「迷い」のないものには、必ず何処かに「嘘」が混じっています。


それが、例えほんの少しだったとしても、必ず「嘘」が混じってきます。
そして、そこからすべてが霧のように消えてしまうわけです。


「迷い」には、「誤り」や「未完」はつきものですが、「嘘」とは限りません。
「迷った」結果の「嘘」ですら、半分は「真実」かもしれません。


そんなわけで、「迷い」を「芸術」の”キーワード”と考えていると言うわけなのです。
「上手、下手」とかいう問題じゃないわけです。


そこを離れて、「迷い」を、どんな風に表現するかが大事なことに成って行くんじゃないのかなと。


そんな風に考えているわけです。




関連記事

Comment 0

There are no comments yet.