FC2ブログ

「芸術」に新しさは必要なのか?



『「芸術」をやるなら新しいことをやらないと意味がない』とか、『「芸術」で、人がやったのと同じことをやっていてもダメだ』などと言われることがとても多いわけです。


そこで、その「新しさ」とはいったい何なのでしょうか?
また、その「新しさ」は本当に必要不可欠なものなのでしょうか?


まず、「新しさ」は本当に必要なのか?ということですけれど、これは、とても簡単なことだと思うわけです。

「芸術の目的」については、人によって意見が分かれるところだと思いますけれど、いずれにしても、その人が「芸術の目的」を「新しさ」であると考えるのであれば、「新しさ」は、当然のこととして必要不可欠なものに成るわけです。

また、その逆に、その人が「芸術の目的」を「新しさ」以外の物であると考えるのであれば、これも当然のことですが、「新しさ」は必要不可欠ではなくなるわけなのです。


まったくもって当たり前のことなのですが、「新しさ」が目的ならば必要で、そうでなければ絶対的な必要性は無いということです。


この当たり前なことが」、わかりにくくなっているのは、「新しさ」をほかのことに転換してしまうからだと思うわけです。

例えば、「新しい」ことによって「驚き」があり、その「驚き」が「感動」につながる。
と言った感じで転換することで、「新しさ」・「驚き」・「感動」の三つのうちどれか一つを目的とする人は、
皆「新しさ」を必要としているように考えてしまうわけです。


「新しさ」自体が目的であるという人は、初めから必要なのが解っているので問題ないでしょう。
でも、「驚き」や「感動」を目的とする人は

「新しさ」以外のもので「驚き」や「感動」を表現しても、何の差支えもないはずで、つまりは、「新しさ」は必要不可欠ではないわけです。
その場合、「新しさ」は、ある程度有効な「手段」であるということに成るわけです。

それぞれの「芸術」の目標が、どこにあるにせよ、そこに近づくのに「新しさ」が有効だと思うなら使えばいいし、要らないなら使わなければいい。
それだけのことなわけです。

ただの「手段」ですから。


そんな風に考えることで、また「新しさ」の有効性も見えてきたりもするかなと思うわけです。
「手段」ですから、使えるのならば迷わず(迷ってもいいけど)使えばいいのだと思うわけです。

このことは、「新しさ」以外のことでもほとんどのことに当てはまるのだと思っています。

どんなことが目的であるにせよ、それが「目的」であるならば必要不可欠であり、「目的」でないならば必要不可欠ではない、「目的」でない場合は、「手段」として使えるときには使うし、使いたくない時には使わない。


だいたいのことに当てはまると思います。


そこで今度は、「新しさ」とは何なのか?ということですが、長くなってしまうので、次の記事に続けます。




関連記事

Comment 0

There are no comments yet.