FC2ブログ

「なぜか心に残ってしまうもの」



『感動した』とか『とても印象深かった』とかいうことではなく、何の気なしに見たものや聞いたものが、その後、長い年月の間、”ミョーに”ずっと頭の中に残っているということがあると思うのです。


たぶん、誰にでもそういうことがあるんだろうなと思っているんですが、どうなんでしょうか?
それはともかく、いくら考えても「それが残っている理由」が思いつかないわけです。


例えば、とくに好きなわけでもなかったテレビ番組の中の一コマとか、ドラマのセリフ、友達との会話、コマーシャルのフレーズなど、ジャンルにも内容にもほとんど関係なく、つまり、”まったく理不尽に”しかも長期間、心に残っていることがあるわけなのです。


私の場合、学生時代に学食でスパゲッティをたのむと、学食のおばさんが「スパゲ~」と言っていたのが、どうしても頭から消えてくれません。

『絶対理由なんかない!』と思います。

それから、時代劇のドラマで、菅原ブンタさんが言っていた『~が、なじょする』と言う何処かの方言のセリフが消えません。
何のドラマかも覚えていませんし、どういうシーンかも覚えていません。
第一、その時代劇は多分その回の放送しか見ていないわけです。

これなんかも、何故だか全くわかりません。


他にも、すごく短い期間しか流されなかった(2~3回見たくらい)コマーシャルなんかでも、消えないものがありますし、こういうのを挙げたらきりがありません。


その反面、すごく好きだったものや、何度も繰り返し見たものなんかでも、「コロッ」と忘れてしまうものもあったりします。
しかも、そのまま思い出せなくなるなんて言うのもあったりします。


さて、何が言いたいのかと言うと、『「心に残る」って、いったいどういうことなの?』ということなわけです。


まったく人間と言うのは、ミョーな感じで複雑にできていますから、『この感動は一生涯忘れないだろう』というようなことを考えてみたら、はじめからよく覚えていなかったりすることもありますし、どうでもいいようなことを何十年も覚えていたりするわけです。

私は「絵」を描いていますから、どうせなら「人の心に残るようなもの」をと思うわけです。
それが第一の目的ではないにしても、やっぱり「気にも止められないようなもの」よりは、「心に残るもの」ということはあるわけです。

ところがですね、こういう理不尽な「心に残る」があるということはですよ、頑張って描いても『スパゲ~』に勝てないわけです。

いえ、勝ち負けではないんですよ。
そんなことは決して思っていませんよ。

でもね、負けたくない相手というのはあるわけですよ。
私の場合、『スパゲ~』には負けたくなかったわけですね。

それなのに方策がないわけですよ。
この「理不尽さ」、この「無根拠さ」、この「執拗さ」に対抗する手段が思いつかないわけです。


そこで、「いっそのこと、自分がそっち側に行けないのか?」と思ったわけです。
何の根拠もなしに理不尽に「人の心に残る」側にですね。

でも、よく考えたら理不尽な”残り方”はしたくありません。

それでも「心に残るもの」と「心に残らないもの」はどこで決まるのだろうなと。


そんな風なことを、いま取り敢えず”考え中”です。



関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR