FC2ブログ

「現代美術的な視点」から見た「古典」とは何なのか



「美術」において「古典」と言うときに、だいたいの人がイメージする「時代」があると思うわけです。
でも、そういう「美術史的な観点」からではなく、「現代美術的な視点」から見たときの「古典」とは、どういうものを意味するのでしょうか?


「現代美術」の捉え方は、人それぞれで、いろいろだと思いますけれど、「現代美術」には、「古典」からの”脱出”と言う側面があったことは、多くの人が認めるところだと思うわけです。

そうだとすれば、その”脱出”したはずの「古典」を、同じ範疇のなかで「古典」と呼んでいることには無理があるように思われるわけです。

それらは、「現代美術的な視点」で見た場合、「古典よりさらに昔のもの」と考えた方がシックリくるように思うわけです。


更に言えば、「現代美術的な視点」をもって見た場合、「印象派」は勿論のこと「20世紀美術」も、もはや「古典」として考えるべきであって、それらはすでに、「”脱出”すべきもの」と成っているということになるわけです。

そして、現に、そういう考え方のもとに「コンテンポラリー」は進行しているわけです。


極端に言えば、「昨日のもの」は、すでに「古典」であるといってもいいような状況になっているわけです。
それは、つまり、例えて言うならば「オタク文化」も、もう既に「古典」であるということです。


それが世に現れた瞬間からとは言わないまでも、世間一般に認められた時点からは「古典化」が始まるわけで、言ってみれば、最も勢いがある時期には、それはもう「”脱出”すべきもの」と成っているというわけです。

つまり、この「古典からの”脱出”」と言う考え方を持ち続ける限り、「継続」や「継承」ということが出来ないわけです。

更に言えば、この「古典からの”脱出”」と言う考え方自体も、既に、世間一般に認められてしまっているわけです。

これは要するに、「古典からの”脱出”」と言う考え方自体が、もはや、「古典化」してきているのではないのかと思うわけです。


もしも、そうだとすれば、”脱出”すべきは、その考え方自体なのではないのかなと。
つまりは、「現代美術」の在り方自体を、その辺から根本的に問い直す必要があるのじゃないのかなと。


そのような考え方があってもいいんじゃないかと思います。




関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR