FC2ブログ

2. 21世紀以降の未来へ向けて、新たな芸術を創造することが可能な時代環境を改めて設定し直す必要がある

 
 現代という時代が所有している芸術理念について考えると、

20世紀初頭から連綿と続けられてきた破壊・挑戦・錯綜・妥協・放置、等々

ありとあらゆる要素が前述の芸術の空転を助長し、混迷を深める方向に作用してしまった結果、

それは本来あるべき姿を失ってしまっていると言わざるを得ない。

また、その状況がその都度修正された形跡はほとんど見られない。


ここで、「20世紀」に「芸術」の場で起きた出来事の「私なりの解釈」をまとめておく。


「19世紀」から「20世紀」にかけて起きた

「科学の進歩」「技術革新」「情報の高速化」「宗教的世界観の変動」という、

その時代の人々の常識を覆すような出来事の連続に直面して「芸術」も変革を求められていた。

「印象派」がきっかけとなって、

「より斬新な」「より独創的な」「より画期的な」という『20世紀の急進』が起こる。

しかし、人々はまだ「革新」を受け入れる準備ができていなかったために、

一つのスタイルを処理しきれないうちに

次から次へと新しいスタイルを提示され続け、『混迷』に陥ってしまう。


一方、「創作者」の側では『混迷』に陥っている鑑賞者たちに気付く余裕が全く無く、

「誰が一番新しいか」「誰が一番独創的か」といった「先頭争い」に血眼になってしまっていた。

その結果、本来は手段であるべき「手法的な革新」が目的化してしまい、

本来の目的を見失い「創作者」もまた『混迷』に陥ってしまった。


そして、この双方の『混迷』において様々な「誤り」が生み出され、

しかもその「誤り」がろくに吟味されないまま、とりあえず「正しい」とされてしまった。
(皆が『混迷』の中にいたので吟味するものがいなかったため)

さらには、それが一定の時を経てもなお修正されなかったために、

既成事実化して「正統」にまでなってしまう。

ここで、これらの「誤り」がさらに絡まり合って「塊」になり、

がんじがらめに「20世紀」とその時代の人を縛り付けるようになったのである。


この「誤りの塊」を、ここでは『20世紀の誤謬』と呼ぶことにする。


また、『混迷』の方も単独の『混迷』のままには留まらず

『混迷』が『混迷』を生むという「渦」を巻くようになり、

それに抵抗したり修正したりしようとするものをすべて飲み込んでしまうような求心力を持った

『混迷の渦』に成っていく。


そんな混沌とした状態の中で『20世紀の急進』は、

さらに過激になり世紀の半ばまでの社会的激動とも連動し、

「より奇抜な」「より破壊的な」「より破滅的な」と短絡的な路線をとるようになっていき、

最終的には「新しければ何でもいい」「変わっていればそれだけでいい」

「なんでもあり」となって現在に至っている。


これがわたしの≪芸術の20世紀≫の解釈だ。


※『20世紀の急進』:20世紀において、人々の心の準備ができていないうちに起きた、
          あまりに急激で高速な意識変革の波状的な連続をここではこう呼んでいる
※『20世紀の誤謬』:古典から続く歴史の中で、芸術という概念が正当に規定されることはなかった。
          (芸術という概念はすでに正しく規定されていると思い込まれていたのだろう)
          その状態を改めることができていなかった20世紀初頭に置ける、
          あまりに急進的で革新的な試行錯誤の連続が生み出した
          ”がんじがらめの誤りの塊 ”をここでは「20世紀の誤謬」と呼ぶ。


上に述べたようなことが、振り返る間もなく次々と連続して起きた結果、

現代における芸術理念は極めて曖昧で、色も形も弱々しく、漠然とした物になってしまった。


このような脆弱な理念を基盤に、新たな芸術を展開することができるとはとても思えない。

確かな芸術理念を新しい時代の基盤として一刻も早く打ち立てなければならない。


2014年現在の「芸術の時代」=「芸術の今」を見渡すと、すべての人が本来の拠り所を失って

どこかしらに逃げ込んで「ヒキコモッテ」しまっているように見える。

何らかの技法やスタイル(古典技法や〇〇派風、〇〇主義的、本人のオリジナルも含めて)

に安住の地を見出している人、

「自分の中の芸術はもう完結した」または「芸術などもうどうでもいい」という

「諦めの小箱」に自分をしまい込んでいる人、

自分がうまく表現できないのは「自分の才能が足りないからだ」という

「自虐的な伝説」に嵌り込んでしまっている人、

教育の場で若い感性を育てることには力を入れず、

自分の感性をくすぶらせることに力を入れている人等々、

それぞれ逃げ場所を見つけ出してそこに逃げ込んでいるように見えてしまうのだ。


もちろん、もともとそこが「自分本来の居場所」である人もそれなりに居るのだろう。

その人たちにとっては、問題はそれほど大きくはないだろう。


しかし、本来そこにいるべきではない人も、

かなりの数でそれらの場に逃げ込んでいるように思える。

皮肉で言っているわけではないし、その人たちを馬鹿にしようというのじゃない。

と言うより、私自身もまだ、そうした場のどこかに居ることに変わりはない。

私が言いたいのはあくまで今の状況のことだ。


この状況は厳しすぎる。頑丈で健全な人にとっては、どうと言うほどのことでもないのだろう。

だが、少なくとも繊細で鋭敏な感性にとっては耐えられるわけがない。

だからみんな逃げ込んでいるのだろう。

これは、決して特殊な才能について言っているのではない。

「芸術の先端を目指すこと」、「芸術を極めんとすること」、

それ自体が、繊細で鋭敏なことだということだろう。


逃げ込んでいる人たちの中にはきっと「本当の芸術家」がたくさんいるに違いない。

彼らを責めるつもりなど毛頭ない。


でも、彼らにも気が付いてほしい(と言うより認めてほしい)、

自分たちが居る「芸術の表層のごく狭い片隅」、

その奥行のない貼り付けられた表面上で、「自分たちがやっていることが何なのか」

そして気が付いたなら、何が自分たちをそんな場所に貼り付けたのかということを理解して、

それを消し去る準備にかかってもらいたい。


もう現時点においては、そんなに悠長なことを言っていることに何の意味もないし、

置いて行きたい人なんて誰もいないのだから。


我々はもう待っていてはいけない。

我慢する必要もない。何かしなければ何も起きない。


「いつの時代もこんなもんだったんじゃない?またそのうちに良く成るんじゃない?」

断言する。

「違う。」  「成らない。」


「これが今の時代なんだから、それを受け入れるべきなんじゃないの?」

断言する。

「違う。」  「受け入れてはいけない。」


現在進行形の芸術をどんなに過激に奇抜に(な風を装って)、

いじくりまわしても空虚な音が「カラカラ」と響くだけだろう。


コンテンポラリーアートがすべて空虚だと言っているのではなく、

立っている地平(時代)の軸がずれていると言いたいのだ。


中には「空虚」から抜け出している者もいるのだろう。

しかし、彼らは抜け出すのに力を使いきってしまい必ずや疲弊してしまっている。

しかも評価されない。


評価されるのは「空虚」なものの方だから。

「時代」が「空虚」を選ぶから・・・・必ず。


もうここに、この時代に立っていてはいけない。

私たちは臆病な穏健主義者ではないはずだ。

『20世紀の急進』に嫌というほど叩き込まれたチャレンジャー精神は、

好むと好まざるとにかかわらず私たちの中に生きているはずだ。


どうなってしまうかはわからない。

どこへ行ってしまうのかもわからない。


しかし船を漕ぎ出す時が来ているのは明らかだ。

そして我々は、きっとそうするだろう。


なぜなら、そうせざるを得ないのだから。













関連記事
20:
大変面白い仮説と時代考察だと思います。
しかし何も突拍子も無い事を仰ってるのでは無く、これまで長く考えて来られた考えの重さも感じられます。

日本人は世の中の中庸と思われる領域から大きく逸れたり、自分だけ孤独の航海に出る方は少ないと思います。
恐らくそれは日本社会がそうさしている事にも原因があると考えています。
だから何処を覗いても、評論家達はパトロン向けの提灯記事しか書かず。
自らの言葉を発しません。
プロと言う領域の書き手程その傾向が強いと思います。
それは本当の事を書く事が結果として食えなくなる事を意味しています。
業界から干されるか徹底的に無視されます。
殆どの方は若い頃は純粋だったのが、歳をとるのつれ理想と現実は違うと自分に言い聞かせ中庸と言うお化けの中に埋没させて生きてゆきます。
言論に付いては私はフランスの方がまだマトモだと考えています。
フランス社会はオリジナルに重きを置きますから、他人と違う事を書かなきゃいけない、切り口に独自の新しい観点がなければ評価されない。

私はこれからはアマチュアの時代じゃないかと考えています。
これはインターネットの発展と大きな相関関係があると思います。
情報を発信するのも市井の人達、そしてその情報を吟味して咀嚼するのも無名の市民。。
それがもっと大きなうねりとなり、現存する既成の利益にしがみつく人達を押しやってくれる日が来るでしょう。
その様な環境の中から新しい何かが生まれてくる感触を感じています。
21:Re: タイトルなし
「アマチュアの時代」と言う言葉は、とてもうれしい響きですね。

こういう言い方をすると、「自分がプロになれないからヒガンデ言っているのだ」と取る人が居ますが、
そういう意味も含めて、「プロ」と言う言葉を振り回すというのは、どうも威圧的で好きになれません。
「プロ」と言う言葉を出せば、「プロ」じゃない人たちは手も足も出ないと思っている。
実際、ほとんどの「プロ」じゃない人たちは「プロ」と言う言葉に対してコンプレックスを
植え付けられているから、反論する気力も出ない。

でも「プロ」になることと厳格な姿勢の「アマ」でい続けること、どちらが「芸術の中心」に近いかは
両方経験した人に聞けば、答えは明白だと思います。

オリンピックに「プロ」が参加できるようになったときに「アマチュアリズム」が崩壊したことは明らかなことだと思いますが、実はその時「プロフェッショナル」という概念も崩壊してしまったのではないのでしょうか。

私はベルリンの壁が崩壊したときに「共産主義」とともに「資本主義」も崩壊したと考えていますが、現在資本主義が世界を取りまとめているように見えているのは、おそらくそれに替わるものがないからだと思います。
その資本主義経済を基盤とする、「プロ」という概念も替わるものがないから存続しているにすぎないと思うわけです。

もしかすると、「プロ」「アマ」とは違う言葉が求められているのかもしれませんね。

このようなお話をさせてもらえることに、とても感謝しております。
また、ご意見・ご批判等、ありましたらお気軽にどうぞ。
と言うより、こちらからお願いいたします。

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※上の画像は習作として描いた絵に洋金箔を貼ったものです。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ現在ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR