FC2ブログ

「狙った所に行かない」



どんなことでも、「狙った通り」に成ると言うのは気持ちいいもんですけど、それが、なかなかできないということに成っているわけです。


そこで、「狙った通り」に決められるような能力を持った人のことを「天才」と言っているんでしょう。

でも、もう見飽きてきているんだと思うわけです。
そういう「天才」の「狙い通り」がですね。
いくら「天才」でも、「狙い通り」では、やはり「想定内」の域を出ないわけです。

つまり、「意外性」に欠けるわけですね。
と言うか、多いのは「意外なんだけど想定内」ですね。

これからは、もう少し”失敗したい”と言う気がするんですよね。
つまり、「狙った通りに行かない」、いや、むしろ「行けない」ということかなと。

そういう「失敗」や「できない」が生み出す「本物の意外性」が必要に成って来るんじゃないのかなと。

そんな風に思っているわけです。


私の場合、それは得意です。




関連記事

Comment 0

There are no comments yet.