FC2ブログ

「普通の心理」がわからなくて「芸術」は創れるのでしょうか?



いわゆる「芸術家っぽいイメージ」と言うものがあるように思うわけです。

それはどんなものかと言えば、「ブットンダ」・「イッチャテル」・「ヘン」みたいなイカレタ感じと、それとは対極的に、「スルドイ」・「フカイ」・「キュウキョク」みたいに思慮深く、一つのことにじっくりと取り組むような二種類のイメージが完全に分離していて、その中間はまったく無いので、やや無理があるんじゃないかと思うわけです。

確かに、「芸術家」にそれらの両極端な要素が同居していることはあるとは思いますが、でも、実は、それらは「芸術家」や「芸術」にとって必要不可欠なものではなく、結果的に、そんな人もいるという程度のことなんじゃないでしょうか?

それで、実は、何が必要かと言えば、それは『何でもない普通の気持ちが痛いほど理解できている』ということじゃないのかなと。

実際、創る側がいくら「ブットンダ」作品を創っても、見る側は普通の人なわけです。
だから、「芸術家」側は自分の中の「ブットンダ」や「キュウキョク」を、完全に消化して自分の血肉にしてから、それを表現する必要があって、そうすることで初めて理解されるわけで、そうでなければ伝わらないわけですよね。

今まで、随分野放しだったのじゃないのかなと。

見る側の人たち、ちょっと優しすぎたんじゃないですか?
見る側にも権利あるでしょ?
というか、普通の人の気持ちが理解できないような人に、「芸術」が理解できるとは思えないんですね。

理解できないものは創れないんじゃないですか?

「芸術家」なんて言ってますけど、結構普通の人が多いと思うわけですね。
みんな普通にしてると格好がつかないから「ゲージツカ」っぽくしてるところもあるんじゃないですか?

でも、もう、そんなに無理しなくてもいいんじゃないかと思うんですね。
もう、そんな時代でもないと思うんですよね。

私といたしましては、普通の気持ちを、もっともっと痛いほど理解しようとする努力を怠っている人の作品は「芸術」だとは思えないわけなのです。

と、そんなことを言ってみました。




関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR