FC2ブログ

「芸術」は「立場」によって作られる



「芸術」っていうのは、「絵が上手い」とか「手先が器用」とかということじゃないと思うわけです。


「じゃあ、どういうことなのか?」ということなんですけど、一つには、「立場」なんだと思うわけです。
『作者の立場が芸術を作る』という要素があると思っているわけなのです。


世界の中で、その人が立っている位置っていうのがあると思うんですよね。

例えば、会社や職場だと、役職や担当部署で「立ち位置」が分かれてくるので、わかり易いわけですが、広い意味での社会全体の中では、その人がどういう位置に立っているのかが見えにくく成るわけです。

それでも人間は、無意識に服装や髪形などの外見的なものから、言葉使いや仕草などの行動に至るまで、あらゆることで自分の「立ち位置」を示しているのだと思うのです。


そして、「芸術家」の「立ち位置」はと言うと、常に「中立」であるということなんじゃないかと思っているわけです。
つまり、「普遍的な位置」にいるということですね。


「中立」と言うと、なんとなく簡単そうですが、あらゆる局面で「中立」でいるということは意外と難しいことなんだと思います。

そして、そういう「中立的な立ち位置」に立っているということで、必然的に「普遍的な作品」が生まれてくるようになっているんじゃないかと思うわけです。


つまり、「芸術」は「普遍的な立ち位置」によって創られるのかなと。
と言うことは、極端な位置に立っていることは、決して「芸術的な位置取り」でもないのかなと。


そんな風に思っているわけです。



関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR