FC2ブログ

3.現状に至って、時代を喪失させることが最良の策と判断した


本来ならば、≪芸術の20世紀≫において形成された混迷の原因を一つ一つ解き明かし、そこに明確な解釈を加え、全ての要素についての説明がなされた上で新たな理念を生み出すべきなのであろう。

しかし、過去の例を見れば明らかだが、そのやり方は更なる混迷の種にしかならない。


そもそも我々は≪芸術の20世紀≫を≪喪失の世紀≫と名付けようとしているわけだが、それはあくまでも「喪失すべき時代を呼ぶための名」であり、「20世紀の個々の芸術家を揶揄するための名」ではない。

いや、むしろ彼らの生み出した≪芸術の20世紀≫の持つエネルギーが強すぎることによって、今、我々は”喪失する必要 ”に迫られているのであり、そこで使われたエネルギーに対しては一定の敬意を示すものですらある。

しかし、それだからこそ、彼らの生み出した「芸術的世界観」の中に含まれている「20世紀の誤謬」を、抽出して修正するには、精度の高い厳密な理論をもって”その世界 ”を切り崩さなければならず、それは結果的に難解な説明にならざるを得ない。
その結果、難解さが難解さを呼ぶ形で、その説明自体が新たなる混迷の種になってしまうのである。

また、その修正者自身も20世紀に身を置いて説明してきたために、「20世紀の誤謬」を完全に避けることは困難であり、その説明の中にも、また、「20世紀の誤謬」が含まれてしまうという連鎖を生んでしまったのである。


以上のことから、その「負の連鎖」を断ち切るべく、≪芸術の20世紀 喪失≫によって時代を100年回帰し、現在の混迷を抜け出し、新たなる芸術理念の創生を可能にするための「誰にも踏み荒らされていない新たな舞台」を設置することを提案する。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※ここで、「20世紀の信奉者」と私が呼ぶ、現代美術を愛する人たちにとって、この「宣言」が「20世紀美術に対する冒涜」と感じられるのかもしれないという懸念がある。

しかし≪新生20世紀の芸術≫が「誰にも踏み荒らされていない真っ白い舞台」の上で、思う存分自由に独自の世界を紡ぎだして行くさまを、思い浮かべてみてほしい。

それは即ち、もう一度「20世紀美術」が刻々と生み出されて行く様子をリアルタイムで再体験できるということであり、その場に立ち会うことの歓喜を想像していただければ、これが冒涜などではないことが理解していただけるのではないだろうか。


私としては、「彼らが信奉する20世紀」にも勝るような≪新生芸術の20世紀≫が訪れるであろうことを密かに期待している。

その≪新生芸術の20世紀≫がいかなるものに成るのかは、我々現代の人間と、その後の未来の人々が、いかに自己の芸術や人生に責任を持った態度をとって行くかということにかかっているのだろう。
(芸術に限らずあらゆる場面で)


※「20世紀の信奉者」:「現代美術」が持っているところの、『それを受け入れる者と受け入れない者がはっきりと分かれてしまう』という性質から、それを肯定する側の者は、より熱心な「擁護者」とならざるを得ない。
ここでは、そういう「熱心な擁護者たち」を「20世紀の信奉者」と呼んでいる。



















関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR