FC2ブログ

「お金」と「芸術」の共通点



「芸術」と言うと、「お金」とは正反対のところにあるものという捉え方をされていますけれど、この二つには、共通点があると思うわけです。

それは、両方とも賞味期限がないことなのです。

食べ物ではないので、賞味期限と言うのはおかしいんですが、要するに、無期限の価値を持っている(与えられている)ということですね。

お金(通貨)というのは、それを発行している国が崩壊すれば価値がなくなるし、「芸術作品」も、その作者の名声が没落すれば、その価値も下がってしまうわけですから、必ずしも無期限とも言えないわけなんですが、少なくとも食べ物のように、一定の期間を過ぎると必ず価値がなくなるということは無いわけです。

でも、ただ単に、食べ物と言うのは、最も顕著な例で、だから賞味期限と言う言葉を使ったわけですけれど、ほとんどのものは、製造されてから一定の期間が過ぎると価値が落ちていくという宿命があるわけです。
ましてや、一度人手に渡ったものは、いわゆる「ユーズド品」になってガクンと価値が落ちてしまうわけですよね。


ところが、「芸術」・「お金」両方とも、どんなに人から人に渡って行こうが、いくら使用されようが価値が変わることがないわけです。
よほどの技法的な欠陥があって、「絵」が剥落したりでもしない限り、例えば、年代相応に劣化して修復されたとしても価値が変わったりしないと思うわけです。

そして、このことによって「芸術」が投資の対象になったりするのだと思うわけなのです。
本当は、この両者にも期限があれば、いいのではないのかなと思います。

ただ、それをどんなふうにやればいいのかは、今のところわからないというのが残念ではあります。





関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR