FC2ブログ

全ての人が「ワン・アンド・オンリー」であるということ



「芸術の20世紀」においては、沢山の「~イズム」が生み出されたわけですが、それらの中で、今なお芸術としての活力を保っているものは無いのではないかと思うわけです。


しかし、このことは当然と言えば当然のことだったんだと思うのです。

もともとあった「アカデミズム」を捨てたことで、ある意味で「拘束」を解かれたわけですけれど、「アカデミズム」を「伝統」あるいは「正統」と解釈するならば、それを捨てたわけですから、すべての「~イズム」は、「ワン・アンド・オンリー」つまり「唯一無二」に成るはずであったわけです。

それを「~イズム」を名乗って「〇〇派」や「〇〇主義」ととして、グループを形成したことによって、そこに新たな「伝統」や「正統」が築かれることが期待されてしまったわけです。

でも、その「伝統」や「正統」を否定することから始まっているのが、20世紀の「~イズム」ですから、当然、そこには自己矛盾を生じてしまうわけで、結果的に、それらはすべて消滅せざるを得なくなってしまったわけでしょう。


はじめから、一人に一つの「~イズム」であれば、何の問題もなく、その人がその「~イズム」を作り上げて、その人と共にその「~イズム」も終わって行くという、ごく当たり前の流れができていたんじゃないかと思うわけです。


それでももちろん、誰かの「~イズム」に、他の誰かが影響を受けたり、それを受け継いだりするということはあるんだと思いますし、それはむしろ大切なことじゃないかと思うわけですが、それは、誰かの「~イズム」が「伝統」や「正統」として、広く受け継がれることとはだいぶ意味合いが違うと思うのです。


いずれにしても、芸術における「~イズム」は消滅してしまうものだということですけど、それが「一人の~イズム」であるということが重要なんじゃないかと思うわけです。

つまり、「現在の芸術」においては、この自分一人の「~イズム」を創り出すことこそが、その人の表現であると言えるんじゃないかと思うわけです。


そこで、どうも、その「~イズム」が、『いかに特徴的なものであるか』とか、『いかに人がやったことがないことであるか』とかに、意識が集中しすぎているんじゃないかと思うのです。


そういう基準ではなく、『いかにその人らしいものであるのか』と言う基準で見る方がより「芸術の自由度」も高くなるんじゃないかなと。

そして、それこそが最も「唯一無二であること」すなわち、「ワン・アンド・オンリー」であることなんじゃなのかなと。


そういう風に思います。





関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR