FC2ブログ

「話」には「層」がある



「話」には「層」があると思うのです。
一つの「話」をしている時には、本来、一つの「層」の中で「話」をしている”ハズ”なんだと思うわけです。


例えば、「冗談」を言っている時には、「冗談」と言う「層」で言っているわけで、それに対して、誰かが、「冗談」以外の「層」で言葉を返すと、それが「冗談」として成り立たなくなってしまいます。


それと同じように、どんな「話」にも、それぞれ、その「話」に見合った「層」があって、それを無視すれば、その「話」はほとんど意味をなさないものに成ってしまうわけなのです。


ところが、とりわけ議論の場においては、この「話の層」をしっかりととらえて「話」を進めていくのが、なかなか難しいわけです。

そして、この「話の層」を外してしまうと、あっという間に、「不毛な言い争い」になってしまうということですね。


そうならない為には、どちらもお互いに「共通の層」に合わせて、「話」をしようとする気持ちが必要になってくるわけですけれど、議論の場においては、相手を論破しようという考えが出て来てしまい勝ちですから、むしろ、「相手の層」に合わせないようにしてしまうわけですね。

つまり、相手の足をスクオウとするわけですね。


でも、これは全くの本末転倒で、それだったら、はじめから議論なんてしない方がいいくらいかも知れません。

それは、相手の矛盾点を指摘し合っているだけで、その「言い争い」に「内容」と言えるものはあり得ません。


人間の言うことには、必ず「矛盾」が含まれていますから、それを指摘することはそれほど難しくはないでしょうが、「話の層」を外して、「矛盾」を指摘することは、「批判のための批判」であって、「実質的な意味を持った批判」とは言えないでしょう。


この「話の層」を外すことや、「話の層」をコロコロと変えて相手を撹乱することを、巧みなディベートだと言ってしまっている傾向があるように思いますが、そういう「言い争い」は、常に全くの不毛です。


「共通の層」に合わせて「話」をしつつ、そこで生まれた「批判」にこそ、価値があるのだと思っています。


「議論」をするには、先ず、「共通の層」の中で「話」をするということが大前提であって、そのうえで、「話」に参加する人が、共有できる「話の層」をしっかりと決めてから「話」を進めることが必要になってくるわけです。

そうすることで、その「話」の本当の内容がどんなものなのかが見えて来るんだと思います。

現在、ディベートにおいて巧者と考えられている人には、まったく「内容」の無い「話」しかしていない人が、かなりいるように思えるわけですが、そういうことが、世の中をツマラナイものにしていることは間違いないことかと思われますので、「話の層」は守った方がいいんじゃないのかなと。


そんな風に思います。





関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR