FC2ブログ

「お金」って「シゴトの報酬」に向いていないんじゃないでしょうか?



「シゴト」の「報酬」といえば、当然「お金」ということになっているわけですが、実は、「お金」は「シゴト」の「報酬」としては、けっこう不適切なものだと思うのです。


よく、『「お金」はあっても邪魔にはならないだろう』なんて言われますけど、要するに、それだけ、あれば便利なものだということでしょう。

確かに、置いておいても腐るわけでもなく、都合よく、なんにでも姿を変えてくれる「お金」は便利なものではあるわけです。


ところが、そんな「お金」にもできないことがあるわけで、「お金」は「精神的な満足」を生み出さないという性質があるわけです。


この点について、「お金で買ったもの」が生み出す「満足」を、「お金」が生み出していると思ってしまいがちなんですけど、それは、あくまで、「もの」が生み出した「満足」であって、「お金」が生み出した「満足」とは言えないと思います。


例えば、お腹がすいているときに「食べ物」を買うことができる「お金」は有効です。
でも、お腹がいっぱいの時に「食べ物」を買うことができる「お金」はアリガタ迷惑です。

『だったら違うものを買えばいいだろう!』

その通りですが、それじゃあ、「買いたいもの」がない人はどうしますか?
たとえば、「うつ状態」の人は何も欲しくないと言うかもしれません。

その人に必要なのは、「もの」でも「治療」でも「薬」でもなくて、「希望」や「意欲」でしょう。


「お金」は、それを生み出しません。


これは、「うつ状態」の人だと”わかりやすい”というだけで、健康な状態の人にも、ほぼ同じことが言えると思います。


実は、「お金」が姿を変えられるのは、「生活に必要なもの」ぐらいで、それ以上の「精神的な満足」を生み出すことができるものに、「お金」が姿を変えてくれることはないわけです。


『いやいや、贅沢品や芸術品などはお金で買えるし、精神的な満足を生み出してくれるだろう』


確かにそうですが、自分のほしくない「贅沢品」や好きでもない「芸術品」は、「精神的な満足」を生み出しません。

これは「うつ状態」の人が何も欲しくない時と同じでその人に必要なのは、「好奇心」や「感性」でしょう。


やっぱり、「お金」はそれを生み出しません。


実際には、「精神的な満足」を生み出しているのは、「もの」ですらなくて、その人自体でしょう。
その人の「心の状態」といえばいいんでしょうか?


そこで、「シゴト」の「報酬」なんですが、「シゴト」は、どんな「シゴト」でも結構大変ですから、みんな「報酬」が多いほうが嬉しいわけです。

でも、今言ったように「お金」は「生活に必要なもの」ぐらいしか与えてくれませんから、けっこう高い給料を貰っている人でも、いつも「不満」なわけです。

「お金」をたくさん貰っても、「精神的な満足」は与えられませんから、当然といえば当然ですね。

それで、ある人は「やる気」がなくなり、ある人は「もっと給料の高い仕事」を求めるようになるわけです。
要するに、物欲で埋め尽くすことで補おうとするわけですね。


しかし、それでは「精神的な満足」に近づくとは限りません。
「給料が高いこと」によって「精神的な満足」が得られるのではなくて、そこに「評価」や「賞賛」がついてくるから、それが得られているわけです。
「給料が高いこと」が「評価」を現す基準に成っているということでしょうね。

でも、実際には「給料」で「評価」を表す必要はないんじゃないかと思います。

ただ単に、今は「給料」=「評価」ということになっているために、「給料」が唯一の「評価」のための手段になっているわけですが、「お金」をいくら出しても「精神的な満足」が提供できないとすれば、その「お金」はほとんど無駄になるだけでしょう。


「お金」は「生活に必要なもの」を買える程度で、ほんとうの「報酬」は、その人が「精神的な満足」を得られるような「心の状態」でいられる環境として与えられるのがいいように思うのです。


そういうシステムで運営する企業が出てくれば、今ある「重大な社会的問題」がいくつか解消されるんじゃないかなと。


そんな風にも思いますね。




関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR