FC2ブログ

「自己を拡大すること」と「自己を表現すること」



「現代の芸術」と言うは、一言で言えば「自己を表現すること」なんだと思っているわけです。


過去においては、「芸術」と「技術」の区別が、今よりも曖昧であったように思いますから、必ずしも「自己表現」としての比率が高いとは言えないものでも、「技術的」に高い水準に達していれば、「芸術」とみなされることが多かったんだと思います。


しかし、「現代」においては、ある程度「芸術」と「技術」は区別されて来ていますから、いくら高い「技術」を示したとしても、「自己表現」が示されていなければ、それを「芸術」と呼ぶことは出来なくなってきているのでしょう。
(と言っても、そこのところが、未だにはっきりと示されていないという問題が無いともいえないわけですが)


つまり、「芸術」を規定するために、最も重要な要素が、「自己を表現すること」だと思うわけです。


さて、ここで、「自己を表現すること」が、「芸術の最も重要な要素」だとして、「現在の芸術」が陥っている「落とし穴」の一つが、「自己を拡大すること」ではないかと思っているわけです。

つまり、現代に成って、芸術の最も重要な要素が「自己を表現すること」に、かなりのところまで限定されたことによって、その部分を強化しようとしたために、「自己を表現すること」と「自己を拡大すること」がすり替えられてしまったんだと思うわけです。

現在に至っては、その”すり替え”が、もはや公認のものとなりつつあって、「作家が自己を肥大化させること」こそが「芸術」であるかのような錯覚が生み出されてしまっていると言ってもいいでしょう。


しかし、「自己を表現すること」と言うのは、あくまで、「自己」を”そのまま”「表現」することであって、本来、如何に”そのまま”であるかが重要なハズなのに、「拡大」したり「肥大化」させたりしてしまったら、その時点で”そのまま”ではなくなってしまうわけです。

ですから、作り手の側はもちろんのことでしょうが、「芸術」を鑑賞する側の人も、「自己を肥大化させること」を「自己表現」と同じものと思ってしまうと、「落とし穴」にはまってしまうんだと思うわけです。

それは「自己表現」ではなくて「自己主張」だと思うのです。
まぁ、より正確に言えば「自己誇張」かも知れませんけどね。


でも、そういう「自己主張」ならば、なにも「芸術の場」でなくとも、社会の中にイヤと言うほど溢れています。
むしろ、そういうことから逃れるためにあるのが、「芸術」と言う「場」なのではないでしょうか?

そういうところが「現在の芸術の落とし穴」なんだと思います。


作り手は「自己を表現すること」を目指して、「自己を拡大すること」に成ってしまっています。
鑑賞者は「ストレートな自己表現」を求めて、「肥大化した自己主張」を見せられてしまっています。


だから、創作者は「自己を拡大すること」にとらわれてはいけないし、鑑賞者は「肥大化した自己」の威圧感に屈服してはいけないんじゃないのかなと。


そんな風に思っているわけです。





関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR