FC2ブログ

ウェブ上に「常識」は形成されるのか?:ネット社会の「疑心暗鬼」



ネット社会と言うのは、とても「疑心暗鬼」を生みやすい仕組みになってしまっていると思うのです。


このブログを始めてから気が付いたんですけど、ウェブ上のコミュニケーションには、「常識」と言えるものが、まだ出来ていないように思うわけです。

まぁ、現実社会の「常識」ですら曖昧に成りつつあるようですから、当然と言えば当然かもしれないですけどね。


私は、このブログを始めるまで、「ウェブ上の常識」に当たるものが、もうすでに出来上がっていて、それに沿ってコミュニケーションが行われているものと思っていたんですが、しばらくやってみて、なんとなくその辺のところが曖昧な印象があるわけです。


だからと言うわけでもないんですが、私なんかは「内気な性格」なもんで、どうコミュニケーションをとっていいか全くわからずに、ひたすら記事を書くだけなわけです。

こういう人は、他にもいるんじゃないかと思うんですけど、こういうコミュニケーション不全が、ネット社会の「疑心暗鬼」を生み出しているんじゃないかと思うわけです。


はじめのうちは、自分が「ブログ」というものに慣れていないから、その辺のところが、見えていないんだろうと思っていたんですけど、最近になって、これは自分だけでもないんじゃないか?と思うように成ってきたわけです。


実際、「ブログ」に限らず、ウェブ上のコミュニケーションには、『これは言ってもいい』とか『これは言うと失礼』とかいうような、いわゆる「常識」に当たるものが形成されていないんじゃないかと思うのです。


例えば、現実に顔を見て相手と話をする時には、『どちらのご出身なんですか?』とか、『何のお仕事をされているんですか?』なんていう、個人情報に当たる質問でも、相手の様子によっては、何の抵抗もなくできてしまうわけです。

実際、初対面の相手ですら、そのぐらいは普通にやっていることがあると思います。


でも、これがウェブ上のコミュニケーションでとなると、そんなたわいもないことですら、なかなか聞けませんねぇ。
と言うか、まずそんなこと聞かないでしょうね。

要するに、相手にとって、「何が”嫌”」で「何が”歓迎”」なのかが、皆目見当がつかないんですね。
それで、どうしても「当たり障りのないこと」しか言わなくなるんでしょうね。
(それでいて、「いきなり喧嘩ごしな人」はけっこう居たりしますが)

もちろん、ウェブ上でも、もっと上手にコミュニケーションをとれている人もいらっしゃるんでしょうが、大多数の人たちが、「当たり障りのないこと」しか話さなくなっているんじゃないかと思います。

と言うよりは、そういう「ちょっと極端な当たり障りのないこと」を、いかに上手くやるかが「ネット社会のコミュニケーション上手に成るコツ」と言うような気もします。

だから、ネット社会の中のコミュニケーションから深い人間関係に発展するケースと言うのが、意外と少ないんじゃないかと思ってしまうわけですね。


そして、その「当たり障りのない状態」が、時間が経っても変わらないのが、ウェブ上のコミュニケーションの特徴のような気もします。


しつこいようですが、私なんかは「内気な性格」なもんですから、誰かに「ウェブ上のコミュニケーション」における「常識」を提示してもらいたいなと思うわけです。


なんとなく、「現実社会の常識」が、そのままでも使える”ハズ”と言う漠然とした根拠で、そこのところが、お座なりにされてきたんじゃないかと思うんですね。

確かに、人間同士のコミュニケーションであることは同じなわけですから、同じ原理が使えるのが理想ではあるのでしょうが、実際には、ネット社会やウェブ上の人間関係と言うのは、それ以前までのコミュニケーションの形態とは、感覚的な差がありすぎると思うんですね。

「現実社会の常識」を、そのまま当てはめて使うことに無理があることは、もう、はっきりしているんじゃないかと思いますので、それとは違う「ウェブ上の常識」を設定して欲しいなと思ってしまうわけです。


そうすれば、もう少しネット社会の「疑心暗鬼」が解消されて、もう少し、”内容のある”コミュニケーションをとれるように成って行くんじゃないのかなと。
ただ単に、”普通”のコミュニケーションということなんですけどね。

また、そういうコミュニケーションを望まない人にとっても、『私は望んでませんよ』ということを伝えるための「標準」や「指標」があった方がいいんじゃないのかなと。


なんとなく、ネット社会の中の「コミュニケーション」というのは、両極端に偏ってしまっているように見えるんですね。


例えば、自分のブログに「随分と乱暴なコメント」を入れられていても、”生真面目”にコメントを返している人が居るかと思うと、いきなり『~な人は見ないでください。迷惑です!!』なんて書いてあるのをよく見たりもします。

「中くらい」がないんですね。


それに、ブログへのコメントでは、あくまで管理人さんを立てたコメントをするのが「常識」のように成っていまけど、やや度を越しているように感じることもありますよね。

そうかと思うと、掲示板サイトなんかでは、かなり”デタラメ”なことでも、『ここは、そういう所でしょ』で済まされてしまっていますよね。
それに、ブログでも、どう考えても実生活では言えないようなことを平気で言ってしまう人も居るみたいだし、と言うか、どちらかと言うと、実生活においては、やや控えめな人の方が、ネット上では大胆になっているのかもしれませんね。


「常識」っていうのは本来「中間的なもの」なんじゃないかと思うんですね。

極端なもの(掲示板サイトでの意味不明の書き込みのようなものですね)を「そこでの常識」としてしまったら、「常識」が「常識」である意味がないと思うんですね。


だから、然るべき立場の人が、そういう「ウェブ上の常識」を「バシッ!」と打ち出してくれないかなぁと。

例えば、電話と言う「コミュニケーション手段」が導入されたときに、誰かが「『もしもし?と言って電話に出ましょう』という「常識」を提示してくれたようにですね。

そんな風に思ってしまいます。


『ところで、然るべき立場の人って誰なの?』
こういうところが、設定されていない状態で、先へ先へと言ってしまうところが、ネット社会の一番弱い所なんじゃないのかなと。


そんな風にも思っています。




関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR