FC2ブログ

(2)宣言の根拠1.≪芸術の20世紀≫は喪失していた:の説明



このカテゴリでは【芸術の20世紀喪失宣言】についての説明をしていきます。
(このカテゴリのはじめの記事を先に読んでいただくとわかり易いと思います。)


(1)「宣言文」は飛ばして、(2)宣言の根拠:から説明いたします。

1.≪芸術の20世紀≫は喪失していた:と言う項目から始めます。


まず、はじめに、≪芸術の20世紀≫においては、さまざまな「~イズム」が現れては消えていったことを書いています。
それらの「~イズム」について特定の名称を挙げることは避けております。

これは、この「宣言文」全体を通して言えることですが、特定の「主義・主張」や「団体や個人」など、いかなるものをも、個別に批判するものではありません。


過去において、一つ一つの「~イズム」や個々の「芸術家」を批判したことによって、ただ単なる「好き嫌いの言い合い」になってしまって、その批判が無力化するということが繰り返されてきたと思っております。

そのようなことを避けるために、敢えて「具体性」を犠牲にして、このような形をとりました。


あくまで、≪芸術の20世紀≫全体を一括りのものとして考えてています。
読んだ方が、どのような「~イズム」や「〇〇主義」また、「個々の芸術家」を当てはめて頂いても差支えないと思っています。

私が、ここに書いているのは、それらのすべてに当てはまる≪芸術の20世紀≫の「~イズム」や「芸術家」”すべて”についてです。


例えば、そこには私自身が好きな作家も含まれるでしょうし、私が、「主張」としては肯定的に捉えている「~イズム」もあるでしょう。

しかし、ここではそれらについて、『あれはいいけど、これはダメ』とか『これだけはベツ』と言うのはやめて(それをすれば、新たな「混迷」の種にしかならないでしょう)、個々の「~イズム」や「芸術家」の「功罪」については語らずに、それら、「20世紀の芸術」に現れた「すべての現象」を≪芸術の20世紀≫という「一つの現象」と捉え、その全体像としての「功罪」を問うているわけなのです。


次に、それらの「~イズム」のどれもが、比較的短命で、「その場の流行」ともとれるように、目まぐるしく入れ替わって行ったこと、そして、それは私の中の「芸術」と言う概念とは、どうしても一致しないということが書いてあります。


これは「芸術」と言うものを、どう捉えるかで大きく話が変わってしまうわけですが、少なくとも、「普遍性」を求めるのであれば、一つの「~イズム」が”流行ったり廃れたり”することはあり得ないわけですし、また、「オリジナリティ」を求めるのであれば、一つの「~イズム」が”流行っている”時に、それを、複数の芸術家がで共有する、つまり「~イズムのグループ」を形成するということもあり得ないわけです。


≪芸術の20世紀≫において、そのような「流行り廃り」や、「~イズムのグループ」が、常に「時代の中心」にあり、≪芸術の20世紀≫と言う「時代」を動かしていたことは間違いのない事実であります。

だとすれば、≪芸術の20世紀≫においては、「普遍性」や「本当のオリジナリティ」を追究する「芸術」は排除され続けたということです。

しかし、「宣言文」の中でも述べておりますが、私が≪芸術の20世紀≫を受け入れられるかどうか、また、私と同じようにそれを受け入れられずにいる人が、どれほどいるのか?と言うようなことは、ここでは問題にしません。


問題は、≪芸術の20世紀≫からの「継続」としての「現在と未来の芸術」なのです。

少なくとも、「普遍性」のないものは「未来」に繋がりません。
このことから、≪芸術の20世紀≫は、「芸術の歴史」の中で、初めて現れた「空転の時代」なのだと思っております。


「芸術」に限らないことですが、人間の生み出すものは、何らかの形で「過去からの継承」によって成り立っていると思うのです。

ところが、≪芸術の20世紀≫と言う「継承」と言う要素を含まない「時代」が、一世紀もの間続いてしまったために、「芸術における継承」が断ち切られてしまったわけです。


「時代」や「歴史」というものは連続していて、はじめて「継承」することが出来ます。
そこに≪芸術の20世紀≫と言う「カラッポの時代」、その「ポッカリ空いた穴」がある限り、決して、「継承」は生まれません。

その「穴」を埋めて「時代」をつなぎ合わせてやらない限り、「新しい時代」はやって来ないでしょう。


そこで≪芸術の20世紀≫は、「芸術の歴史」の中で「喪失」していたと言っているわけなのです。


「喪失していた時代」が、つまり「初めから無いもの」が、そこにあるという前提になってしまっているために、「継承」が生まれないわけですね。

ですから、≪喪失の世紀≫を一旦消して、歴史の上でも「喪失」することで、「芸術の歴史」をつなぎ合わせようというわけです。


『そんな回りくどいことをしなくても』と言われるでしょうが、他の方法は、私には思いつきませんでした。


このようなことを、ここに書いたつもりです。






関連記事

Comment 0

There are no comments yet.