FC2ブログ

2. 21世紀以降の未来へ向けて、新たな芸術を創造することが可能な時代環境を改めて設定し直す必要がある:の説明



このカテゴリでは【芸術の20世紀喪失宣言】についての説明をしていきます。
(このカテゴリのはじめの記事を先に読んでいただくとわかり易いと思います。)


この項目から次の項目にかけては、「20世紀の芸術」において起きたあらゆることは、すべてが「混迷」そのものであり、その「混迷の渦」が、「現在の芸術」をも巻き込み続けているということ。

そして、その結果、現在の「芸術」という分野は、居場所も、その意味も失いつつあり、極めて「あやふや」な状態になってしまっているということが書いてあります。


そして、そのような状況を抜け出すには、時代を仕切りなおして、新たに設定された、ステージを用意する必要があるのではないか?ということを提言しています。


ここで、私が言いたかったのは、『本当に、このままでいいと思っている人がいるんですか?』ということです。
さらにいえば、『漫然とこの時代に突っ立っていて、芸術と言えるものが生み出せると思いますか?』と言うことでもあります。


私は、このブログの中で、いまの「芸術の世界」を(一般社会にも当てはまりますが)、童話『裸の王様』に例えているんですけど、いま、「芸術の世界」で起きていることは、まさに『裸の王様』の物語の中で起きていることそのものです。


それは、決して、今に始まったことではなくて、20世紀以降の「芸術の世界」において起きてきた様々な出来事は、すべて、そういった「虚構」を中心にして展開されてきたと言ってもいいと思っています。


ただし、ここでお断りしておかなければならないことは、これらのことは、「20世紀の芸術」を批判する目的で言っていることではないということです。

結果的には「20世紀の芸術」を否定しているように見えてしまうでしょうし、それが目的のようにも見えてしまうでしょうが、私は、「20世紀の芸術」が「虚構」の上に成り立っていたものであるという前提であっても、それは、必要な「過程」であったと思っていますし、その「過程」が無ければ、「次の展開」もないのだと思っています。


私は、「虚構」もひとつの「芸術の断面」ではあると思っています。
ただ、それは「断片」であり、それだけでは成就した「芸術」とは言えないというだけのことです。

ですから、「20世紀の芸術」を否定するつもりはありませんし、それを結果的に批判することがあったとしても、それは目的ではありません。


ただ単に、『王様は裸だ!』と言っているだけなのです。
王様に対して、『服を着ろ!』と言うつもりはありません。
でも、実際は裸なのに、服を着ているという話を続けていくことに意味があるとは思えないと言っているわけです。


さて、そこで、「20世紀の芸術」で最大の特徴は、「理論先行型」だということでしょう。

例えば、誰かが『こんなもの芸術じゃないだろう!』というようなものを、『いや、これこそ芸術なのだ!』と言って提示します。
これが『裸の王様』の「見えない服」に当たります。

すると、それは「芸術」じゃなければ「芸術」じゃないほど注目を集めます。
なぜなら、”バカバカしい”からです。

要するに”オモシロイ”わけですね。
この時点では、まだ「芸術」ではありません。

そして、そこに「理論」が登場します。
誰にもわからないような「難解な理論」や、「非論理的な理屈」で、その「芸術」が説明されます。

これは『裸の王様』の中で「この服は愚か者には見えないのです。」
と説明されるのにあたります。

誰にもわかりませんから、批判できません。
皆めんどくさくも成ってきます。

すると、誰かが『面白いなら芸術でいいんじゃない?』と言い出します。
その時点で、それが「芸術」に成ります。


『裸の王様』では、『これは賢い者にだけ見える服なのだよ』と言われて、誰かが『王様は素晴らしい服をお召しになっていらっしゃるぞ!』と言ってしまいます。

すると、みんな自分だけが「愚か者」だと思われたくない一心で、口々に『王様の服は素晴らしい!!』と言いだします。


「見えない服」が、見えるように成り、それどころか「スバラシイ服」になってしまいます。


そうして、≪芸術の20世紀≫には、どんなものでも「芸術」だと言えば、そして、その「理論」が運よく通れば、芸術」となってしまうように成ってしまったわけです。


現在、「芸術の世界」では、「髪の毛一本」であろうが、「石ころ一つ」であろうが、そこに「それらしい理論」をくっつけて提示すれば「芸術」として受け入れられます。

問題は、その「理論」が運よく通るかどうかだけなのです。


それらは、確かに「芸術の断片」=「芸術のカケラ」を持っているのかも知れません。

『裸の王様』の「見えない服」も「服という概念の断片」ではあるのかも知れません。

ただ、残念なことに、それは「芸術」とは言えないし、「服」ともいえないのです。


「服の概念の断片」では、着ていても暖かくありませんから、風邪をひいてしまうでしょうし、「芸術の断片」では「オモシロイ」だけで、心を動かされることまではありませんから、「感動」することはないでしょう。


このような私の話を読んだ人の多くは、『なんて、頭の固いやつなんだ!』と思うでしょう。
また、『あぁー、自分が理解できないから否定しようとしているんだ』と思うかもしれません。


断言しますが、私は、自己のアイデンティティが崩壊するようなものであっても、それが理解できないからと言う理由で、それを否定するつもりはありません。
(そういうことなら、こんなことはしていないでしょうしね)

でも、逆に考えてみると、まず、一旦「20世紀の芸術」を完全に頭から締め出したとして、そこから、何の予備知識もなく、改めて「20世紀の芸術」に出会ったとして、例えば、誰一人それを『芸術だ!』とも『スバラシイ!』とも言っていない状況で、もしかしたら、それを『芸術だ!』と言えば、あなたが人から『頭がおかしいんじゃないか?』と思われるかも知れない時に、果たして、あなたは それを『芸術だ!』と言える自信がありますか?と聞きたいのです。


たぶん、それなりの数の人が、『言えますよ』と答えるでしょう。

でも、減らないですか?
『芸術だ!』と断言できるものがですね。

その「減った分の芸術」が、いま私の言っているものです。


つまり、それらは「芸術のカケラ」であったものが『芸術だ!』とされていたというわけです。

もし、そのような状況でも、『自分にとっての芸術は、いっさい減りもしないし増えもしない』と言う人が居れば、その人にとっては、今のままでいいんでしょうね。


しかし、私は、『そういう人は非常に少ないんじゃないだろうか?』

『いや、本当はそんな人なんてほとんど居ないのかもしれない』

『だって、何も着ていないのにその服が見える人って、そんなに居ないでしょ』
と思っているということです。


やっぱり、『服と言う概念を着ている』ではなくて、『服を着ている』の方がいいんじゃないかと思います。

もしも、どうしても『服と言う概念を着ている』の方がいいんだ、と言う人が居るのであれば、それはそれでいいと思いますが、それを「中心」に据えるのはどうかと思うわけです。


そこで、やはり、一度「時代」を巻き戻すことで、リセットされた新たなステージを設けることが必要になってくるんじゃないかと思うのです。


ここでは、このようなことを言いたかったわけです。


関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR