FC2ブログ

3.現状に至って、時代を喪失させることが最良の策と判断した:の説明



このカテゴリでは【芸術の20世紀喪失宣言】についての説明をしていきます。
(このカテゴリのはじめの記事を先に読んでいただくとわかり易いと思います。)


この項目では、前の項目からのつづきで、≪芸術の20世紀≫に起きたことは「混迷」であって、それ以外の何ものでもないのではないか?ということ、そして、そこから抜け出すためには、その「混迷」を懇切丁寧に一つ一つ「ツブシテいく」と言うやり方では”ダメ”で、それらの「混迷「」を、一気に喪失してしまうしかないのではないか?と問い掛けています。


実際、「コンガラカッタ糸」を解くには、その部分を切ってしまうのが、どんな場合にも一番有効な手段ですし、そういう「コンガラカッタもの」を上手く解ければ、さぞスッキリすることでしょうけど、それは往々にして「自己満足」でしかないわけです。
ましてや、「もう糸を切ってしまうしかない」とわかっているのに、「延々とそれを解こうとし続けること」や、「解けないとわかると放り出してしまうこと」では、「次に繋げること」にはなりません。


≪芸術の20世紀≫と言う時代は、「延々とそれを解こうとし続けること」を、やり続けた世紀であったと思います。
しかし、解こうとする端から、また糸をモツレさせるようなことが起こりますから、とても追いつきません。


絡まった糸をほどくときのことを考えればわかることですが、糸が絡まってしまうのは、一瞬ですけど、それを解くのには、その何十倍も、時には何百倍もの時間がかかります。
つまり、やればやるほどコンガラカッテ行くということです。


そして、21世紀に入って(実際はもっと前からなんでしょうが)、とうとう、誰も「延々とそれを解こうとし続けること」をしなくなりました。
そして、今度は「解けないとわかると放り出してしまうこと」に移行したわけです。


≪芸術の20世紀≫が「継承」することのできないものであると言うことには、気が付いている人が多いのだと思います。
(それこそが「20世紀の芸術」が本質的に目指したものでもあると思いますので)

まぁ、一言で言えば、「行き詰っている」ということですけど、その「行き詰まり」を感じている人は沢山居ると思いますし、それは何十年も前から言われ続けてもいます。

また、それについては、「20世紀の芸術」を愛する人たちですら、その「行き詰まり」を認めている場合もあると思っています。


それなのに、どうしてその「行き詰まり」を抜け出せないのか?
それは、つまり、≪芸術の20世紀≫という、「継承出来得ない時代」が、そこに存在し続けているからに他ならないのです。

そのことによって「歴史」は寸断され、「継承するべきもの」が見えなくなっています。
つまり、抜け出そうにも、そのための「踏ん張ることが出来る足場」がないのです。

それで、抜け出そうとしても押し流されてしまうわけです。


そして、そういう状況の下では、抜け出そうという努力自体が「無駄」であるということが、ハッキリしてきた現在に至って、「解けないとわかると放り出してしまうこと」に移行してきたということです。


『「継承すること」を軽視すること』とは、『「拠って立つ足場」を失うこと』です。
『「継承」などしなくても、一人の人間が「独自の芸術」を創造すればいい』と言うのは、おごり高ぶった考えだと思います。


実際には、人間は何かを受け継がなければ、ほとんど何もできないと言ってもいいほどであって、孤立した一人の人間と言うのは、「独自の芸術」などと言うものからは、まだまだ程遠い存在であるというのが事実ではないでしょうか?


もしも、人間に「芸術の創造」と言う機会が与えられることがあるとすれば、それは、『「継承」と言う「拠って立つ足場」』に足を置いてのことに限られるのではないかと思います。


ただし、これは「伝統を踏襲すること」とは違います。

このブログを部分的に読んで、「伝統への回帰」や「ノスタルジックな感傷」と思う方がいらっしゃるかも知れませんが、むしろ、それとは対極にあるものだと考えて頂いてもいいのではないかと思います。


「踏襲すること」においては、「”そっくりそのまま”受け継ぐこと」にこそ意義があります。
「文化遺産」などは”そっくりそのまま”保存されたり、受け継がれたりすることが必要とされているわけです。

貴重な「文化遺産」を『こうした方がもっとよくなるから』と言って、勝手に手を加えることは許されないのでしょう。


対して、「継承すること」とは、”そっくりそのまま”受け継ぐことではなく、そこから「本質的なナニカ」を受け継ぐことです。
むしろ、受け継ぐ側が、それを自分のものにして、変化させることによって、本当の意味で受け継がれたともいえるのでしょう。


もし、その「継承」を、まったくせずに、あなたが、「洞くつの壁画」辺りから独自にやり直そう!と言うのであれば、「その孤高の戦い」に、私は拍手を送りますが、それを「芸術である」とは思えません。

なぜなら、現在に生きるあなたがそれをすることは、「あなたにとっての真実」ではないと思うからです。


以上のことをもって、私は≪芸術の20世期≫と言う時代を、一時的に頭の中から、喪失することが最良の策であると判断いたしました。


このようなことが、ここで言いたかったことなのです。





関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR