FC2ブログ

 ⑶具体的な≪喪失≫について 1.≪芸術の20世紀≫から学んだこと/ 「天才の時代」は終わり、「挑戦の時代」は続くだろう:の説明



このカテゴリでは【芸術の20世紀喪失宣言】についての説明をしていきます。
(このカテゴリのはじめの記事を先に読んでいただくとわかり易いと思います。)


ここでは、≪芸術の20世紀喪失≫に当たって、具体的に何をするのか?ということを書いています。


まず、はじめに、≪芸術の20世紀喪失≫の前の心の準備として、≪芸術の20世紀≫から学んだことを再確認しています。


一つは、「挑戦する姿勢」であり、これは、今後も必要なものとして継続することに成るだろうと思っています。


もう一つは、「天才神話」で、こちらについては、今後、これが弊害となることはあっても、いかなる「利」をもたらすこともないので、いっさい惑わされてはいけないと思っています。



そもそも、≪芸術の20世紀≫は「挑戦の時代」であったのだと思います。
それは、あらゆることに「挑戦」し、あらゆることを「破壊」した時代だったと言っていいのではないでしょうか?

そして、それ自体は、「貴重なチャレンジ」であったのでしょうし、また、その時代、一度そこに行くしかなかったのだとも言えるのでしょう。


しかし、現在の客観的な視点をもって見た場合、それらの「挑戦」の徹底ぶりは、大いに評価できるものだとしても、その「破壊」の後の、「再構築」については、それが極めて不完全なものであったと言わざるを得ないのです。

そもそもの目的が「挑戦すること」であったために、「再構築」されたものも、すべて「破壊の対象」にされてしまいますから、落ち着いて、「再構築」することが出来なかったんじゃないでしょうか?


「古典」からの転換期にあって、全てを一度クリアして、リセットする必要があったことは間違いがないことだったように思いますが、それは、その当時の「行き詰まり」を打開するための方法論であったはずです。

しかしながら、「挑戦」や「破壊」を目的としてしまったことで、その「挑戦」や「破壊」に呪縛されてしまって、本来、打開するべきであったはずの「行き詰まり」に逆戻りしてしまったということです。


従って、≪芸術の20世紀喪失≫に当たっては、この「挑戦する姿勢」を維持しながら、そこに呪縛されないように注意する必要があると思っています。


「時代を喪失する」と言う「チャレンジ」を実行しながらも、そこに新たな「時代」を構築していかなければ、「喪失」した意味がありません。
そして、その二つを両立させようとすることこそが、現在における「挑戦する姿勢」なのだと思っています。



また、≪芸術の20世紀≫は「天才の時代」でもあったと言えるでしょう。


たくさんの「天才」と呼ばれた人たちが現れて、彼らは、それぞれに一つ(または、それ以上)の「~イズム」を生み出していきました。

ここで、もともと「天才」とは「神に近い者」と言うような意味があると思うのです。
要するに、「人間以上の完全性を持った者」と言うような意味があるんじゃないかと思うのですがどうでしょう?

もし、「天才」が「神に近い者」だとすれば、それは、何らかの「一つの頂点」に向かっていることを前提にして成り立つ話になります。
それでなければ、人間の中での「完全性」と言う言葉の意味は成立しません。

おそらく「神に近い」と言う言葉の意味も、また、成立しなくなってしまうでしょう。


本当に「神」であれば別なんでしょうが、「神のような者」ではあっても、やっぱり人間ですから、何らかの形で「一つの頂点」に向かうことでしか、「完全性」を感じることは出来ないハズです。


しかしながら、その「一つの頂点」とは、それこそが≪芸術の20世紀≫において、打開されようとしていた「凝り固まった一元的な方向性」でもあったわけですから、それを「破壊する者」を、「天才」=「一つの頂点を極めた者」と呼ぶのは、明らかにチグハグなことに成るわけです。


まして、「破壊」すればするほど「天才」の名声は高まり、その「破壊」によって「天才」に祭り上げられたはずの「天才」達が、自分に冠せられた「天才と言う称号」=「神に代わる偶像」だけは「破壊」しなかったということは、まったく、不適切なことであったと言わざるを得ないのです。


実際には、「天才の時代」は、もうとっくに終わっていると思うわけです。
その現実を認めなければならない時期が来ているんじゃないでしょうか?

本来「天才」をはじめとする「偶像」は、一番初めに「破壊」されるべきものだったわけですから、すべてが「破壊」された時代にあって、それだけが、一世紀もの間、生き続けたことは全く信じ難いことですが、遅ればせながら、せめて、ここから「天才の時代」を終わらせて、「普通の人の時代」=「人間の時代」を築いていくべき時が来ているのでしょう。


もう、「天才神話」には意味がなくなっていくと思います。
なぜなら、もう「天才」なんてどこにも居ませんから。

だって、百年も前に「天才の時代」は終わっていたんですから。


ということが、ここに書いてあることです。





関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR