FC2ブログ

2.≪喪失≫の実践について ②美術館の展示内容や企画について:の説明



このカテゴリでは【芸術の20世紀喪失宣言】についての説明をしていきます。
(このカテゴリのはじめの記事を先に読んでいただくとわかり易いと思います。)


こちらの項目では、美術館での≪芸術の20世紀喪失≫について書いています。


そうは言っても、美術館サイドで『只今より、≪芸術の20世紀≫を喪失しました』とはならないでしょうから、『「喪失」については、こちらの頭の中でやりますよ』ということなんですが、それでも、この≪芸術の20世紀喪失宣言≫を使うことで、展示企画が、興味深いものに成るんじゃないかと思っています。
(もし、使えばですけどね)


まず、「20世紀の芸術」を「サブカルチャー」として捉えるという見方ですね。
と言っても、もともと「サブカルチャー的」な性質があると考えられているようなものだけでなく、「20世紀の芸術」全体を「他の時代の芸術」との対比において「サブカルチャー」と考えるということですね。

つまり、「巨匠たち」も「サブカル」ということです。


言い換えれば、「20世紀の芸術」に「メイン」はないということです。
「中心」が無いんですね。

つまり、「メイン・ストリーム」がない、「サブカル」だけの「文化」が「20世紀芸術」だと言う見方をしていくわけです。


こういう見方をしていくと、「20世紀の芸術」が、急に実体として見えてきます。

もともと、「巨匠たち」も含めて、「20世紀芸術の流れ」は、常に「サブカルチャー的」な姿勢から生み出され続けたものだと思うわけです。


つまり、「アンチ・テーゼ」として存在することが目的だったのだと思うのです。


「脱・アカデミズム」に始まって、「脱・芸術」や「脱・技巧」や「脱・制作」や「脱・作品」と、あらゆるものから脱出しようとして、ありとあらゆるものに対する「アンチ・テーゼ」を生み出し続けたわけです。

その結果、「中心」を失ってしまったわけです。

要するに”カラッポ”なんですね。
「巨匠たち」のなかにも、そう言っている人が居るくらいですから、きっと、そうなんでしょう。

そこにこそ意味があったということだと思います。


でも、ご本人が言ってることなのに、まわりが、『これが新しい芸術の中心だ』と言って固めてしまうわけです。
それで、「中心」に成るモノが育たなくなってしまったわけですね。

すでに、「中心」に位置を占めているモノがありますから、後から来たモノは締め出されてしまうわけです。
でも、その本人が『自分は”カラッポ”だよ』と言っていたりするわけです。


こんな風に考えると、「中心」を失った「20世紀の芸術」にあって、その「カラッポな器」の表面に張り付けられた「レッテル」が「天才」であり、「巨匠」であったわけで、『巨匠たちが、なんで、こんな作品を作ったのか?』と言う問いに対する答えが、けっこうハッキリと見えてきます。


そこには、もう「難解さ」は無く成っているハズです。

つまりは、「アンチ・テーゼ」であること「サブカルチャー」であることこそが、「巨匠たち」の、そして≪芸術の20世紀≫の目標だったということです。

要するに、「アンチ〇〇」を追いかけて行った結果が「20世紀の芸術」であったというわけです。
言い換えると、「〇〇であること」ではなく、「〇〇でないこと」を求めていたということですね。
だから、「中心」が無く成ってしまったんですね。


こういったところを、上手く伝えられるような「展示企画」があれば、きっと興味を持つ人はいるんじゃないでしょうか?


昨今の美術展において、「広告宣伝力」に頼る傾向があるのは「悲しいこと」だと思います。

そういうことから抜け出して、『時代を100年間ほど巻き戻してみてはいかがでしょうか?』
そして、その、まっさらな「20世紀」に、たった今表れてきた「芸術」として、その当時の人たちの「驚き」や「違和感」や「不信感」をも再現するような形で、「20世紀の芸術」を捉えられるような企画があれば、きっと面白くなると思います。

『やっと現代美術が一般に受け入れられるようになってきたのに』と思うかもしれませんが、「20世紀の芸術」とは、「受け入れられては意味がなくなってしまう芸術」なんだと思うのです。

「アンチ・テーゼ」じゃなくなっちゃいますからね。


だから、その「違和感」や「不信感」が無く成ってしまうと、何も残らなくなってしまうんじゃないでしょうか?
「中心」には何もない「カラッポ」なんですから。

そして、そこにこそ意味を見出すべきものとして生み出されたものだったわけですから。


ここでは、こんなことを言っております。





関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR