FC2ブログ

2.≪喪失≫の実践について ③マスメディアとの関係 ④「宣言」の再検討 :の説明



このカテゴリでは【芸術の20世紀喪失宣言】についての説明をしていきます。
(このカテゴリのはじめの記事を先に読んでいただくとわかり易いと思います。)


③はメディアについて、④は≪芸術の20世紀≫を再検証することについてです。


まず、③のメディアについてです。

これは、あまり大事なところではないので特に書くこともないんですが、取り敢えず、この「宣言」の主要な内容は、「数」的な問題ではなくて、「質」的な問題に関することだということです。

だから、「マスメディア」のような、容量の大きい情報の流れとは、『かなり離れたところにあるモノなんですよ』ということです。


ただ、「ブログ」と言う「ウェブ上の媒体」を使っているので、それも一種の「マスメディア」だとも言えるわけなんですが、「メディア(媒体)」としては大きくても、「情報の流れ」としては極めて小さいので、これは「マス・コミュニケーション」ではないでしょうから、やはり「個人的な宣言」なんだと思います。

まぁ、要するに、メディアに期待するようなことは、特にないということですね。


④は再検証についてに成ります。

これは、読んだ方には伝わりにくいのかも知れませんが、そもそも、この≪芸術の20世紀喪失宣言≫と言うのは、実際に≪芸術の20世紀≫を消去してしまおう、ということとも少し違って、「仮想現実的」な「喪失」を想定したものです。
つまり、「バーチャル」ですね。


あくまで、≪芸術の20世紀≫と言う「カラマッタ糸」を、一度切ってつなぎなおすことで、次世代の「芸術の場」を設定しようとするものなのです。


ですから、≪新生芸術の20世紀≫において、『これが、21世紀の芸術の場である』と言えるような環境が確保されたのちに、≪芸術の20世紀≫は、もとの位置に戻されるべきであると思っております。


もちろん、理想を言えば、こんなことをしないで、一つ一つ、「カラマッタ糸」を解いていければ一番いいのでしょうが、過去の例から判断して、それは無理だろうということで、このような手法を用いています。


それでも、やはり、「一つの時代」を消し去ってしまって、そのまま無かったことにするというのは、良くないでしょうから、時期を見て、それは、元に戻されることが望ましいと思っているわけです。

その時、「20世紀の芸術」は、一旦「喪失」されたことによって、スッキリと見通せるようになっていて、その時代の人が、「20世紀の芸術」が持っていた意味を考え直すことは、とても有意義なことに成るのではないかと思っています。


そして、その時には、もう、「20世紀の芸術」は難解で理解できないという人は、ほとんど居なくなっていることでしょう。


「カラマッタ糸」を一旦取り除くことで、「歴史のつながり」を取り戻し、その「歴史のつながり」の中の「一つの時代」として、≪芸術の20世紀≫を冷静に見渡すことが出来るように成ったその時代の人たちは、もう、「混迷の中」にはいません。

きっと、その「混迷の渦」の外側に立って、「芸術の20世紀」を「そんな時代」として客観的に捉えることが出来ると思います。
その時点で、≪芸術の20世紀≫が持っていた「考えさせる芸術」と言う性質は、「難解なモノ」から「思慮深いモノ」に変わっているでしょう。

その時には、きっと、「思考すること」を楽しむような「芸術の場」が出来上がっていることでしょう。


一つ前の項目で述べたこととも連動させる形で、こういったことを芸術の企画に持ち込むことが出来れば、きっと、それは、世界的な動向にも成っていくことだと思っています。


この項目には、こんなことが書いてあります。



関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR