FC2ブログ

「変わること」とは「変わり続けること」



人と言うものは、たいてい、人生の中のある時、自分が「変わって進歩した」と思っているんでしょうね。

自分のことを、『全然進歩していないなぁ』と思える人って、そんなに居ないように思います。
”言うだけ”の人は結構いるかもしれないですけどね。


でも、これが「変わり続けること」と言う話になると、『変わり続けていますよ』と言い切れる人は、これもまた、そんなには居ないように思うわけです。


そこで、思うことなんですけど、いま現在、「変わり続けていないもの」を『変わった』ということに意味があるのか?と言うことなんですね。

「前は、〇〇だったけど、今は△△だ。」と言うときに変わったということに成るわけですが、「前」と「今」が違うことに、どれほどの意味があるのか?ということですね。

何か「一つの目標」に向かっているという前提であれば、「前」よりも「今」が、その「目標」に近ければ、意味があるということに成るのでしょう。
それを「進歩」と言うわけですね。

でも、そういう「一つの目標」に向かっているということでないのであれば、「前」と「今」が違うということには、それほど意味がなくなってしまうんだと思うわけですね。

要するに、「進歩」ということ自体がほぼ無いということですね。


そして、そういう考え方をした場合、下から上へ登ろうとして「変わること」ではなくて、同じ平面上で、動き続けることとしての「変わり続けること」の方が、意味が大きいということに成るんじゃないかと思うのです。


何かのきっかけで『変わった』と言う話を聞くことが、けっこうありますけど、せっかく『変わった』のに、その場で止まってしまったら意味ないんじゃないですか?と言うケースが多いように思うわけです。


「一つの目標」に向かうことに、あまり意味がないという前提で言えば、現在「変わり続けていること」にしか意味はないと思うわけです。
つまり、その「方向性を持ったエネルギー」にこそ、意味があるわけで、いくら「前」と「今」が違っていても、「止まっているモノ」には、そういう「方向性を持ったエネルギー」は、もうなくなってしまっているわけです。


そもそも「変わること」というのは、そういうことなんじゃないかと思うんですよね。

その「エネルギー」のことを指して言っている言葉なんだと思うわけですね。


それで、『あの時から変わった』と言う人が居ると、『それで、今はどうなんですか?』と聞いてしまうわけですが、たいてい、すごく嫌な顔をされます。


止まっている時に、自分が「止まっていること」を認めないで、過去に「変わったこと」について語っていると、もう、それ以降は、変われなくなってしまうと思うんですね。


だから、いま停滞している時は、取り敢えず『自分は今止まっているけど、動きたいんだ!』と思うことがイイんじゃないかなと。
(いや、『動きたくないんだ!』でもいいんだと思いますよ)


そんな風に思っています。




関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR