FC2ブログ

「写実的な抽象」



「具象」と「写実」と言う二つの言葉を、ほとんど同じような感覚で使ってしまうことがあるわけですが、実は、この二つには、けっこう違う意味があると思うのです。


「具象」と言うのは、「物質の持っている力」を借りることだと思っています。
たとえば、「形」や「色」などを「物の形」や「物の色」から借りるということですね。


これは、基本的に、本来の目的は別にあって、その為に「借りる」ということなんだと思っているわけです。


一方、「写実」=「リアリズム」の方は、実は「物質」とは、必ずしも関係がなくて、「物質」であっても「非物質」であっても、その「何か」を忠実に再現しようとすることを指して言う言葉なんだと思うわけです。

たとえば、「文学」に置いては、「心理描写」も「リアリズム」に含まれるということですね。


ところが、これを「美術」に置き換えると、急に、「抽象的」になってきます。

「文学」や「演劇」では、「人間の感情」や「人間の心理」を、ある程度「写実的」に表現することが出来ますが、「美術」に置いては、それが、チョットややこしいことに成るわけです。


つまり、「人間の感情」や「人間の心理」に具体的な「色や形」はありませんから、それを、ダイレクトに「色や形」で現すということが出来ないわけですね。


それで、どうしても「ほかの物の形」や「ほかの物の色」の「力」を借りてきて、それを使って、「感情」や「心理」を現そうとすることが多く成るわけですね。

だから、「具象」と「リアリズム」が、同じように思えてしまうということでしょう。
(実は、これは、「文学」や「演劇」でも同じことをやっているというだけなんですけどね)


でも、本来は、「具象」は「物質的」ではありますが、「写実的」とは限りませんし、「リアリズム」は「写実的」ですが、「物質的」とは限りません。


これを、もう一歩進めて言うと、「抽象」でも「写実」=「リアリズム」は可能だということです。
と言っても、あくまで「理論的には可能」ということですけどね。

実際には、なかなか大変だと思います。


つまり、「物質の形」や「物質の色」ではない「創作された形」や「創作された色」を使って、「非物質的なもの」を、写実的に表現すればいいわけですね。
(これはどちらかと言うと、「非物質的」と言うよりも「非現実的」と言うべきかも知れません)


「非物質的なもの」を表現しようとするとき、「形」=「具象性」を排除したくなったり、それとは逆に、「物質の力」を使って説得力を持たせようとしてしまうわけですが、そこで少し無理して、自分の中で何らかの「形や色」を創り出すわけですね。

出来るだけ、「青は冷静」とか、「赤は怒り」とかと言うような、定型化した解釈にも頼らずに、純粋に自分が表現したい「何か」を現すのに必要な「形と色」を探していくという作業に成るんだと思います。


口で言うのはともかくとして、まぁ、かなりキビシイですよね。
でも、そちらの方向を向くことが、いま一番重要なことなんじゃないかと思うわけです。


ただ、そんなに悲観的なことでもないと思っているんですよね。
人間って、何かの拍子に、「トンデモナイ形」とか、「オモイモヨラナイ色」なんて言うのが、唐突に、頭に浮かんでくることがあると思うんですよね。


それを、そのまま描くと「抽象絵画」に成ると思うわけですけど、それを、もっと作り込んでいって、更にその作り込んだものを出来るだけ忠実に再現すれば、「写実的な抽象絵画」ができるんだと思っているわけです。


と言っても、現実にないものを忠実に再現しても、「リアリズム」とは言わないのかも知れませんけど、「写実”的”」ぐらいまでは言えるんじゃないかなと。


「抽象」は、その辺を出来るだけ、「非・写実的」にしようとしてきたんだと思うわけですけど、それをやめて「リアリズム」の方向に、近づけていこうということですね。


要するに、「ぼやかしてきたもの」を「ハッキリさせよう」ということです。


実は、こういうことは「抽象芸術」を目指している人は、無意識にやっていることなんだと思うんですけど、それを、もう少し積極的に意識してやろうということですね。


まぁ、一応そんな風に思ってやっています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

後で読み返したら、他の記事で書いていることと、

やや矛盾しているところがあるので追記します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ここで言っている、「具象」は、「現実のモノ」を写し取ることと言う前提で言っています。

ここでは、そういう意味で書いていますが、もう少し広い意味で言うと、「非現実のモノ」を表現している場合でも、そこに「実体感」や「物質感」を創り出していれば、それを「具象」ということはできるだろうと思っています。

そういうのを、他の記事では、「具象的な抽象」と言っています。
(これは、ここで言っている「写実的な抽象」と似たような意味です)


また、ここで言っている「写実」に関しては、「現実のモノ」を写すことに限らず、「現実のように感じさせること」を含めて、「写実」と言っています。


ですから、「非現実のモノ」を「現実のように見せること」ができれば、それも「写実的」と言っていいんじゃないかということですね。






関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR