FC2ブログ

「性善説」・「性悪説」・「性人説」



「性善説」と「性悪説」と言うのがありますけど、どっちが本当なんでしょうね。
たぶん、どんなに議論しても結論は出ませんよね。


要するに、それだけ「人間」と言うものは、「善」と「悪」の間でいつもウロウロしているものなんだと思うわけです。


「性善説」と「性悪説」のどちらか一方を選ぶのは難しいと思いますし、それを強引に選ぶことに、それほどの意味はないように思いますけど、この「善」と「悪」の間に居るのが「人間」なんだと言う考え方には、けっこう意味があるんじゃないかと思っているわけです。

「性人間説」=「性人説」ですね。
(私が勝手に言ってるだけですけど)


つまり、「善」と「悪」のどちらか一方と言うと、どちらを選んだ場合でも必ず「矛盾」が出てきますけど、両方の間で、ウロウロしているということだと、一応「矛盾」はないわけです。


それから、こういう「中途半端さ」と言うのは、とても「人間的」なことであって、人間にとって、実は「かなり心地よいこと」なんじゃないかと思うわけですね。

ただ、残念ながら「チョットカッコワルイ」と言うだけのことなんじゃないかと思います。


その「チョットカッコワルイ」に目をつぶれば、これは、”ラク”だと思いますよ。
なんせ、”ドッチデモイイ”んですからね。

少しくらい”ワル”くてもいいし、もちろん”イイ”に越したことは無いでしょうから、どう転んでも「ノー・プロブレム」なわけで、言うことなしです。


ただし、ここで「なんでもありなのか?」と言うと、そうではなくて、「人間性」の範囲内に限って、「善」と「悪」のどちらでもいいということに成るんだと思います。

つまり、「ワルい」と言っても「ワル過ぎ」ては、「人間的」で無く成ってしまいますし、あまり、無理して「イイ人」になろうとするのも、ある意味で「人間的」じゃないっていうことですね。


「イイ:ワルイ」と言うよりも「人間の本質」が、そういうところなんじゃないか?ということですね。

つまり、「善」に成りきることも出来ないし、「悪」に徹することもできない、それに、根本的に「善」でもないし、根本的に「悪」でもないと言うのが「人間の本質」なんじゃないでしょうか?


まぁ、もっとも単純に言うと、「人間の本質」は「人間であるということ」でしかないということなんだと思います。


そして、この「チョットカッコワル」くて、中途半端な「人間性」と言うものを、「見栄」を捨てて、”受け入れること”が「人間の心」を解放して、限りなく自由にするように思うのです。


たったそれだけのことで、そんなに自由になれるわけないだろうとも思うんですけど、「そうならない理由」が思いつきません。


でも、なかなか「見栄」を捨てることは出来ないんですね。
だから、どうしても「イイ人」になろうとしたり、「ワル」ぶったりするんですね。


だから、なかなか解放されないんですね。
と言っても、ここも「中途半端」でいいわけでしょうから、そんなところで、いいんじゃないのかなと。


一応そういうことに成っております。私の中では。



関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR