FC2ブログ

「理由」と「意味」



「抽象画」を描いていたりすると、人から『この絵は何を現しているのか?』と聞かれることがあるわけですね。

でも、なかなか、それを言葉で言い表すことが出来ないんですよね。


そして、そういうときに感じるのは、そういうことを聞く人が求めているのは、たぶん、「その絵の理由」なんじゃないか?ということなんですね。


「具象画」だったら、『〇〇の美しさに感動したから、その美しさを現したくて〇〇の絵を描きました』と言うことが出来るんだと思います。
つまり、「その絵の理由」が、ある程度までは、言葉で言い現せるわけですね。


ところが「抽象画」の場合は、その「〇〇の絵」の「〇〇」に当たる部分が無いわけですね。
もともと無かった「ナニカ」を創り出して、それを現すのが「抽象」だと思っていますから、その「ナニカ」には「名前」が無いということですね。


それで、『その絵の「理由」』を聞かれたときに、答えられることと言えば、『こういう絵が描きたかったから』というような、どうしようもない言葉しか思いつかないので、いつも、結果的には、何も答えられなくなってしまうわけなのです。


「抽象表現」に置いては、「理由」ではなく「意味」を伝えたいなと考えるわけですね。
(これは、本当は「具象表現」に置いても同じことなんだと思っています)


つまり、「その絵がそのように描かれた理由」ではなくて、「その絵がそこに存在している意味」ですね。


たとえば、「インテリア」として存在している絵もありますし、「説明図」として存在している絵もあります。
そして、「芸術」としてそこに存在している絵もあるというようなことですね。


完全に純粋に「芸術」である「絵」は無いでしょうし、「インテリア」としての「絵」にも「芸術性」はありますから、すべての「芸術」が、そういったものの間のどこかに位置しているわけでしょうが、そういう「その作品の存在している位置」とでもいうようなことが、「「その作品の意味」に成るんだと思うわけです。

そして、そういう「その作品の意味」を中心に見ていくと、その作品の「真の姿」が、見えて来るんじゃないかと思うんですね。


これは、「芸術」に限ったことでもないと思いますけど、「理由」よりも「意味」の方を重視していったほうが、その事柄の本質的な部分が見えやすいということは多いような気がします。

「理由」を追究することにも、十分に価値はありますが、ダイレクトに「意味」を考えることにも、それと同じくらい大きな価値があると思っています。


そういうことが「抽象」の「意味」でもあり、「理由」でもあるんじゃないかなと。

そういう風に思っているわけです。




関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR