FC2ブログ

「芸術度」



現在、「芸術」と言うものを、規定したり定義したりすることは、なかなか出来ないわけですが、そういった「規定」や「定義」が全く無いというのもどうかと思っているわけです。


それで、私は「芸術」を「度合い」で判断するのがいいんじゃないかと思っているわけです。
つまり、どのぐらい「芸術」であるのか?と言う「芸術度」ですね。


『芸術なんて言う名前にこだわらなくてもいいじゃないか?』と言う方もおられるんでしょうね。
その通りだとも思います。

でも、そういう話ができるのも、「芸術」と言う言葉に、何かしらの意味があってのことなわけですから、そこに最低限の拠りどころとなる意味くらいは必要なんじゃないかとも思うわけですね。


とは言え、現在の「芸術」が置かれている位置は、「限りなく自由であるべき」という、「自由なのか、不自由なのかよくわからない場所」であって、どうも、そこからは逃れるすべが無いようなので、「芸術」にキッパリとした「境界線」や固定的な「定義」をあたえることは、ほぼ無理ではないかと思うのです。


そんなことから、「芸術」を「芸術度」でユルイ感じで規定できたらいいんじゃないかと思っているわけですね。


それには、まず「芸術の中心」を設定する必要があるわけですが、たいていの場合、そこで、ショッパナからフリーズしてしまうんでしょうね。


「芸術の中心を設定すること」は、「芸術を定義すること」と大差ないですからね。

でも、「芸術の中心を設定すること」は「芸術を定義すること」よりも漠然としていてもいいんだと思いますし(この辺は、このブログの「宣言文」の中の「芸術の仮定義」と言うところで書いています)、意外と、ほとんどの人の中にある「芸術の中心」は、それぞれ、そんなにかけ離れているものでもないんじゃないかと思うわけです。


実は、そういう「かけ離れた芸術」を持ち出してくるのは、ほとんどの場合「ごく一部の専門家」に過ぎないのだと思います。


つまり、そういった方々が少し我慢してくれさえすれば、「芸術」に一定の「意味」と「方向性」が与えられるということです。

そうすれば、「芸術」が生き延びられますし、そうでなければ、「芸術」は消えていくと思います。

それでも、何らかの「美術的なモノ」は残るでしょうが、それは、その時点で「芸術」ではなくなっているのではないかと思います。


「芸術の中心」が設定されれば、そこからの距離で「芸術度」が測定できるようになります。


もちろん、「芸術の中心」に近いものが「芸術度」の高いものということに成ります。

しかし、「芸術度」の高いものが、「イイもの」ということではなく、「芸術度」が低くても「イイもの」はあります。

ただし、それは「イイ芸術」ではなく「イイナニカ」だということです。


逆に、「芸術度」が高くても「イイもの」とは限りません。
ただ単に、それが、「とっても芸術だ」というだけのことです。


これに相当するのが「芸術的」という言葉なんでしょうが、

「芸術的」と言う言葉には、既に「イイもの」と言う意味が含まれてしまっているために、この言葉は使えないわけですね。


こういった、「度合い」によるユルイ規定ができてくれば、「芸術」が、今よりもストレートな分野に戻るんじゃないかと思っています。

現在は、ヒネルことで「人をビックリさせること」が「人を感動させること」と、取り違えられてしまっているんじゃないかと思ってしまうわけですね。


「芸術」は本来ストレートな分野であるハズなんだと思うのです。

だったら、本来の「ストレートな芸術」に戻りましょうと。

そんな風に思うわけです。





関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR