FC2ブログ

「描くという姿勢」と「描かないという姿勢」



「抽象絵画」を描こうとすると、「描かない」と言う姿勢が必要になると思うわけです。

でも、私は「描くという姿勢」も捨てないほうがいいんじゃないかと思っているので、この二つのバランスを意識するようにしています。


「描くこと」に執着すると、どうしても上手く描こうとしますから、往々にして、ツマラナイものしか出来てきませんね。

これは、現実のモノと言う「拠り所」を持たない「抽象表現」に置いては、より一層はっきりと出て来てしまうことが多いと思います。


それで、当然のように「描かないこと」に行くわけですね。
ところが、この「描かないこと」の方も、やっぱり執着してしまうとダメなんですね。

『どうでもよくなってしまう』って言うんですか?
自分でも気が付かないうちに「ナンデモアリ」に成ってしまうんですね。
どうしても、考え方が投げやりになって来て「ヤリッパナシ」に成りがちなんですね。


どんなことも、やっぱりバランスが大事なのかなと思うわけですが、「描かないで、描く」と言うのは、人間にはできないことなので、それを使い分けていかないとならないということに成るんでしょうね。


要するに、その辺でウロウロと行ったり来たりしているというわけですね。

『おいおい、そんなんでいいのかよ?』
まぁ、そういうのを自分のスタイルとしているようなスットコドッコイ(何語?)な奴も居るということですね。


私の場合は、こういう「迷い」こそが、最も人間的なことであり、最もその人を現していることであり、そして、最も「芸術的」なことでもあると思っているわけなんですね。


そういうわけで、こんな感じでやっております。



関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR