FC2ブログ

「習作」を描くこと



このところ、「習作」を描くことが『とても役に立つなぁ』と思っているわけです。


以前は、『習作なんて何のために描くのか?』と思っていました。


有名な画家の作品の中に「習作」とされているものが混じっていることがありますけど、「本作」とそれほど出来栄えの変わらないようなものもあったりして、どこで「習作」と「本作」を分けているのかわからないことも多く、また、そもそも何のために「習作」にそこまで力を入れて描くのかが理解できませんでしたが、いざ、自分が本気で「作品」に取り組みだしたら、「習作」を描くことが、間違いなく有効だと感じるようになりました。


まず、私の場合で言うと、ある程度まで仕上がった作品に何か描き加えたいときに、『さすがに無謀な私にもイキナリは描けない』というケースが出てきて、それで、「習作」で試しに描いてみようと成るわけです。


それから、漠然としたイメージを固めるための「習作」と言うのもありますし、絵の中の「一部分」を「習作」で試すというのもあります。


そういったことで、「習作」を描くように成ったわけですけど、実は、一番『役に立つなぁ』と思っていることは、新しいことを、とても自由な気持ちで試すことが出来るということなんです。
(むしろ「習作」で試したいところとは関係ない所で、ということです)


これは、ただ単に、気持ちの問題なんだと思いますけど「習作」だと思うと、限りなく無責任な感じで、新しい手法を試せるんですね。

そして、それがまた、けっこう楽しいんですね。


私は、自分で言うのもなんですが、「くそまじめ」な人間なんで、「本作」と言う意識があると、どうしても「こんな絵にしたい」と言うような目標がありますから(具体的な目標と言う意味ではないですけどね)、漠然とした感じで、無責任にやったことがない描き方を試すというのがやり難くなってしまうわけですね。


そんなわけで、今は「習作」から見つけ出した、自分にとっての「新しい手法」を、出来るだけたくさん集めていきたいと思っています。


「芸術」は「技術」に頼ってはいけないと思っておりますが、「技術」を使わずには、何も表現できないとも思いますから、「技術」の持ち駒は、出来るだけ多い方がいいんじゃないのかなと。


それ以上に、これが、とにかく楽しい!
と言っても、「習作」ばっかり描いていても仕方ないんで、「本作」を仕上げなければと思うわけですが、これが、結構つらい!!


そういった感じですね。





関連記事

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふたつ

Author:ふたつ
※トップ画面とプロフィール画像の絵は習作として描いた絵です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

自分自身の制作に対する姿勢を示した「宣言文」をブログの形で発表するのは、筋が違うのかとも思いますが、このような形しか思い当りませんでした。
ご容赦ください。
興味のない方にはたぶん面白くないでしょう。

ただ、私はここに書いたことがこれから確実に起きることだと思っています。
と言うよりも、すでに起きていることだと思っています。
「天才の時代」は、もう終わらせなければいけないと思うのです。
「天才」なんてもう何処にも居ないのだと思うのです。
「天才」は、もう誰にとっても必要ないモノに成っているんじゃないでしょうか?。
「普通の人」が、もっともっと芸術に関われるようになったら、
少しいいんじゃないかと思います。

いえ、芸術に限った話でもないのです。
全てのことが、今よりもっと「普通」でいいんじゃないでしょうか?
「個性とは実は最も普通なことなのではないのか?」
私はそんな風に思うのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1960年の生まれです。
横浜在住です。
過去に何一つ実績と言えるものはありません。
30歳に成った頃、絵を描き始めました。
その後、細々と美術に関わる仕事をしていましたが、自己作品の制作にはあまり積極的とは言えませんでした。
2013年のはじめ頃から、自己作品に対する欲求が生まれ、現在は妻の収入に頼って、ようやく制作に漕ぎ着けております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

読みづらいところもあるかとは思いますが、読んでみて下さい。


リンクはご自由にどうぞ

QRコード

QR